shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年03月08日

Shoespost-online

2021年03月08日

「クロックス」21年コレクション第1弾としてタイダイ柄の新作が登場

クロックス・ジャパンは、「クロックス」の21年春夏コレクションとして、1960年代カウンターカルチャーを象徴するデザインとして生まれ、昨今定番化しつつあるタイダイ柄の新作をリリースした。


近年世界中のセレブリティがこぞってライフスタイルに取り入れていることで熱狂的な盛り上がりを見せているタイダイ柄。表現の自由、その在り方に端を発して誕生したタイダイが、ファッションや音楽、アート等のユースカルチャーを通して改めてその存在感を高めている中、クロックスは21年最初のコレクションとして、ビビッドカラーを大胆にプリントしたアイテムに加え、ホワイトベースにシャーベットカラーを纏った新色も展開。ブランドらしいピースフルかつチルな世界観を全面に押し出した。


今回のコレクション発売を記念し、公式Instagram(@crocsjp)では、多くのブランドやミュージシャンからのオファーが鳴り止まないアーティストとんだ林蘭を起用したビジュアルを公開。凛として立つ彼女の姿を通して、タイダイ柄が象徴する“表現の自由”と、ライフスタイルの一部を担うクロックスの存在をビジュアライズする。


ブランドを象徴するクラシック クロッグに加えて、スライドやプラットフォームも今シーズン新たに登場。同コレクションに合わせて展開するジビッツチャームは、クラシック クロッグ同様すべてのモデルに使用できる。


今回発売したタイダイコレクションは、ユニセックスでは「クラシック タイダイ グラフィック クロッグ」、「クラシック クロックス タイダイ グラフィック スライド」、「バヤ タイダイ クロッグ」の3型で、価格は3520~5280円(税込)。ウィメンズでは、「クラシック プラットフォーム タイダイ グラフィック クロッグ ウィメン」の1型で、価格は6600円(税込)。キッズは「クラシック タイダイ グラフィック クロッグ キッズ」の1型で、価格は3850円(税込)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP