shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年08月06日

Shoespost-online

2021年08月06日

アメアスポーツジャパン、「サロモン」でランステのジョグリスと協業プロジェクト



アメアスポーツジャパンが展開する「サロモン」は、皇居直結のランニングステーションJOGLIS(ジョグリス、東京都千代田区麹町1-7 FMセンターB1F)を運営するメディアコミュニケーションズとともに、「SALOMON JOGLIS」プロジェクトをスタートした。


ランナーにとって身近で使いやすいランニングステーションサービスの提供を目指し、「サロモン」の最新ランニングシューズやアパレルのレンタル、および皇居ランに最適な製品の販売のほか、2月27日からはSALOMON JOGLISを拠点に走った距離(5㎞=1ポイント)に応じて、直営店での買い物が割引となる権利や、SALOMON JOGLIS利用時のサービスが受けられる特別イベント「100Laps Challenge」をスタートさせた。


レンタルシューズは、走行中に発生する微振動を吸収するオプティバイブテクノロジーを搭載し、筋肉疲労を軽減する機能が特徴のSONIC(ソニック)シリーズを用意。ソールが薄くフォアフット走行に適する「SONIC 3 ACCELERATE」、前足部の荷重バランスを左右均一に定める軸をソール部に設計して安定感を高めたSONIC 3 BALANCE、ソールが厚くドロップが高く後ろから前への重心移動をサポートするSONIC 3 CONFIDENCEがあり、2月中旬以降はSONIC 4などもラインアップ。


また、2月17日から全国発売した超軽量オンロードシューズ、S/LAB PHANTASM(税込2万2000円)がいち早く試せる無料トライアルも開催している。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP