shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年04月12日

Shoespost-online

2021年04月12日

【健康機能シューズ特集 アシックス商事】「ラクウォーク」ニーズアップシリーズでヘルスケア分野へのシューズ提案を強化



アシックス商事は、ヘルスケア分野へのシューズの提案を強化している。同社は2018年9月から、O脚傾向のあるシニア世代を中心に産学医の連携で機能開発した「RaKUWaLK(ラクウォーク)」ブランドの新シリーズ、KNEESUP(ニーズアップ)を靴専門店やテレビ通販を通じて販売している。


ひざのケアに特化して開発され、“歩くことが楽しくなるように”との想いで誕生した「ニーズアップ」シリーズは、京都橘大学と共同で研究・開発し、角整形外科医院の協力で、ひざにトラブルを抱える女性の参加による機能検証を経て商品化された。


独自構造の「MCCS」がひざ関節内側の負担を軽減





機能特徴は、かかと荷重時に靴底内側に設計された空洞構造体の「MCCS」(Medial Cushion Control System)がたわむことで内側に体重がかかり、フラット時から蹴り出し時に戻るという動作を繰り返すことで、ひざ関節内側の負担を軽減する。


過度のたわみを抑制するために内側を長く設計した「非対称かかとホールド芯」や、足裏形状とのフィット性を高めるポリウレタン素材の「立体インナーソール」、体重の荷重や着地の衝撃を緩衝する「厚底設計」、ブレーキ&アクセル動作をスムーズにする「舟底設計」などを合わせて、進行方向に足が自然に出るような快適な歩行をサポートできるようにしている。


ひざの痛みは、加齢や肥満によりO脚傾向になり、ひざ関節内側の1点で体重を支えることで起きやすい。これを正常な位置に戻すことで、負担を穏やかにするという機能構造になる。


シーンに合わせたデザイン提案を充実

㊧RL-9004 1万2000円+税/レディスのアクティブタイプ。カラーはパープル。㊨RL-9004 1万2000円+税/レディスのアクティブタイプ。2020年に医療・介護従事者の足もとを支えるホワイトを追加した

使用シーンに合わせて履けるように、メッシュ素材などを採用したスポーティなアクティブタイプ(レディスRL-9004、メンズRM-9002)と、旅行などにも対応できるカジュアルタイプ(レディスRL-9003、メンズRM-9001)を第1弾として発売後、19年秋冬からはクラッシーレザータイプ(レディスRL-9007とRL-9008、メンズRM-9005)を追加した。

㊧RL-9010 1万4000円+税/3Eのワイド設計のレディス。カラーはネイビー。㊨RL-9011 1万4000円+税/3Eのワイド設計のレディス。カラーはワイン

2020年はクラッシーメッシュタイプのレディスRL-9009や、アクティブタイプから介護・医療シーンでも使いやすいオールホワイトカラーを発売。さらに秋冬からは3Eのワイド設計のレディス(RL-9010 、RL-9011)を加え商品構成を充実させている。

㊧RL-9009 1万2000円+税/レディスのクラッシーメッシュタイプ。カラーはラベンダー。㊨RM-9001 1万2000円+税/メンズのカジュアルタイプ。カラーはキャメル

価格は1万2000円+税から1万5000円+税。特に女性の間ではアクティブタイプのRL-9004、カジュアルタイプのRL-9003が人気となっており、今秋に加えたワイド設計モデルはTV通販でも注目されている。


なお、「ニーズアップ」シリーズの女性用RL-9003、RL-9004と男性用RM-9001、RM-9002は、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2020年度グッドデザイン賞」を受賞している。



㊧RM-9002 1万2000円+税/メンズのアクティブタイプ。新色のブラック/エメラルドグリーン。㊨RM-9002 1万2000円+税/メンズのアクティブタイプ。新色のオレンジレッド/ブラック



認知度向上のためのイベントも積極展開

「ニーズアップ」シリーズは「説明が必要な商品」であることから、同社では取扱店のスタッフを対象にした研修会を実施し、修了証を取得したスタッフが販売する体制を整えている。


また発売以降、リテールサポートチームやマーケティング部を総動員して、足形測定やひざ開き度合チェックなど足の測定を行う店頭イベントを実施しながらニーズアップの認知度向上に努めている。


さらに、人生100年時代を迎える中、健康寿命延伸のための社会貢献という観点から、医療機関との連携も深めている。


2020年はコロナ禍で店頭販促の実施が困難な状況が続いたが、新聞広告やチラシ配布を充実させることで販売に結び付いてきており、Eコマースの売上げにもつながっている。


ヘルスケアの観点から、足やひざについての知識を身につけてもらうために、一般ユーザーを対象にしたイベントの実施にも力を入れている。


2019年は普段、意識することの少ない“ひざ”について気軽に学び、足の計測会などで健康への意識を高め、生活の質的向上につなげてもらうことを目的に、大阪・枚方T-SITE内の蔦屋書店でユーザー参加型イベントを行い、女性を中心に約400人がニーズアップの機能性を体感した。


そして2020年。11月に「ひざまわりマッサージャー」を発売したパナソニックとコラボレーションして、「〈アシックス商事×パナソニック〉ウォーキング&ひざまわりマッサージで楽しくSELF PROMOTION!~健康への第1歩!『歩く』価値を変える秘テクニックを紹介~」と題したイベントを12月12日(土)、パナソニックセンター大阪1階セミナールームで開催した。

パナソニックとコラボレーションして行われたイベントの様子

ウォーキングの基礎知識やウォーミングアップの方法といった座学から、歩行姿勢や歩行時の足指への荷重状態や把持力などを計測する足の健康チェック、さらにウォーキング体験から運動後のケアと、「ニーズアップ」シリーズおよび「ひざまわりマッサージャー」の製品紹介を組み込んで提供した。



関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP