shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年05月16日

Shoespost-online

2022年05月16日

「ローバー」からテント泊や小屋泊での登山に適するトレキングブーツを発売



イワタニ・プリムスは、「LOWA(ローバー)」の新しいトレッキングブーツ「カミーノEVO GT WXL」を4月から発売する。サイズUK6.5~11で、価格は4万4000円(税込)。


このモデルは、「ローバー」の特徴的な機能を備え、新開発のアウトソールは、踵部と前足部の下に柔らかなクッションレイヤーを入れ、快適な歩行を実現した。テント泊や小屋泊での登山に適したトレキングブーツとして登場した。


アッパーにはヌバックレザーを使い、アウトソールには全体的に大きめのラグパターンを採用したヴィブラムソールを搭載。土や泥などが詰まりにくい構造となっている。つま先は、平坦なトレイルでは前に向かって蹴り出しやすく、自然な足運びを可能にする。


「ローバー」は、1923年にドイツ・ミュンヘン郊外にあるイェッツェンドルフで創業し、社名は創業者LOrenz WAgner(ローレンツ・ワーグナー)から取っている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP