shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年03月07日

Shoespost-online

2021年03月07日

アディダスとオールバーズが二酸化炭素排出削減に向けたパートナーシップ締結

独アディダス社とサステナブルなシューズブランド「オールバーズ」を展開する米オールバーズ社は5月28日、フットウェア業界が1年間に排出する700Mメトリックトンの二酸化炭素排出削減に向けたパートナーシップを締結した。


両社による取り組みは生産過程およびサプライチェーンを革新し、さらなる再生可能素材の追求によって史上最もカーボンフットプリントの低いスポーツパフォーマンスシューズを開発することが目的。双方が持つサステナビリティに関する技術を共有し、気候変動に対応するための新たな基準を業界にもたらすことを意図している。


アディダスブランドストラテジーヴァイスプレジデントのジェームズ・カーンズ氏は、「アディダスとオールバーズはサステナビリティについてただ話し合うのではなく、進歩を促し、実際に行動するブランドであり続けたいと考えている。両ブランドは近年、サステナビリティにおいて革新的な成果を出しており、その実績はフットウェア業界の基準に影響を与えるきっかけになり得る」と述べた。


オールバーズ共同CEOのティム・ブラウン氏は、「全世界における温室効果ガス排出削減は急務であり、その課題解決は個々のブランド以上に大切。これは地球上の全人類が取り組むべき課題で、企業同士の競争よりはるかに重要。このパートナーシップが将来のよりサステナブルなゼロ・カーボン社会の実現に向けての先例となることを期待している」と話した。


アディダスは、自社のEnd Plastic Wasteプロジェクトの一環として、2030年までに自社のカーボンフットプリントを30%削減し、2050年までにカーボンニュートラル達成という目標を掲げている。オールバーズのTread Lighterプログラムは、事業全体のカーボンフットプリントを測りながら削減する取り組みを象徴し、100%カーボンニュートラルビジネスを保つためにカーボンフットプリントを可能な限りオフセットしている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP