shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月07日

Shoespost-online

2022年12月07日

のさか、「店舗×工場」を見える化した進化形フラッグショップ「NOSAKA 小松店」を12月1日(水)にオープン



創業64年の靴専門店「NOSAKA」を運営するのさか(石川県金沢市、野坂哲也社長)は12月1日(水)、石川県小松市吉竹町に、足に合った靴にこだわり、それぞれの顧客に合った靴選びを提案してきた同社が作る進化した「靴屋のかたち」を体感できる新たなショップをオープンする。


北陸・近畿に直営店事業を展開し、全国に提携のパートナーシップを結ぶ店舗を持つ同社にとって、最大級のショップになる「NOSAKA 小松店」には、こだわりのオリジナル製品や世界各国から厳選したシューズが並び、ゆっくりと靴選びを楽しむことができる。


これまでの店舗と最も異なるところは「店舗×工場」を見える化したところ。店で商品を選びながら、靴をつくる職人とコミュニケーションを取り、靴に関する要望を伝え、自分に合った靴をオーダーすることが可能。靴という商品だけを提供するのではなく、「靴とプロフェッショナルな接客・快適な空間」を提供し、靴選びの時間を有意義で幸せな時間と思ってもらえるような店を目指すという。


さらに、新店オープンと同時に立ち上げる新ブランド「mooi punt naar punt(モーイ プントナープント)」を登場させる。ブランドコンセプトは「美しき、日常にある点と点」。足に合った靴にこだわるのさかが、長い時間過ごす“おうち時間”の足元も大切であると開発したこだわりのルームシューズがメイン。他にもライフスタイル全体に着想を広げ、さまざまな商品を展開し、生活を豊かに彩る品々が店内に並ぶ。それらの品々は靴づくりの過程でどうしても出てしまう革の端材等を使用し、サステナブルな製品づくりという点ももう1つのブランドコンセプトとなっている。さらに店内にはカフェが併設され、ドリンクやスイーツを提供する。


また、雑貨の手づくりワークショップや移動式「旅する小さな靴屋さん/NOSAKA Tiny shop」の稼働を予定するなど、店の成長とともに新しい試みが生まれる「進化していくお店」にしていく。


■「NOSAKA 小松店」=石川県小松市吉竹町1-39▽TEL=0761(46)6627※オープン日から応対可能▽店舗HP=https://www.nosaka92.co.jp/


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP