shoespost

 

 

Shoespost-online

2023年02月01日

Shoespost-online

2023年02月01日

「アディダス」サッカースパイクから新たなレザーを採用した「コパ」シリーズの最新モデル「コパ ピュア」登場



アディダス ジャパンは、圧倒的なフィット感を追求したレザースパイクの最新モデル「コパ ピュア(COPA PURE)」を発表し、1月10日(火)18:00からアディダスアプリ、アディダスオンラインショップ、一部全国のアディダス取扱店舗で先行発売、1月17日(火)0時からアディダス直営店舗、アディダスアプリ、アディダス オンラインショップ、その他全国のアディダス取扱店舗で一般発売する。


「アディダス」フットボールでは、感性的なボールタッチを求めるプレーヤーに向けた「コパ(COPA)」、高いキック精度とコントロールを追求する「プレデター(PREDATOR)」、爆発的なスプリントスピードで勝負する「エックス(X)」という3つのフランチャイズを展開し、プレーヤーのスタイルやニーズに合わせたスパイクのアップデートを進めてきた。


今回、日本のサッカースパイク市場において、中高部活生を中心に高い人気を誇るレザースパイク「コパ」が大幅にアップデートされた。選ばれる背景にある着用時の履き心地に加えて、今回はプレー中のフィット感へのニーズに着目した。


「コパ」らしいシンプルなデザインはそのままに、①新たに採用したソフトなカウレザーに水分の浸み込みを抑える加工を施すことで、さまざまな天候下でも柔らかなボールタッチをサポート進化版フュージョンスキン、②外側は安定性を高めるために高密度のフォーム材を、内側はボールの勢いを吸収しコントロールしやいように厚みを持たせ、中央部分は素足感覚により近くダイレクトにボールを感じられるように低密度で柔らかいフォーム材を採用したトリプルフォーム構造、③スピーディな動きの中でのボールタッチに貢献し、前モデルから約40gの軽量化を実現したリブ構造を搭載したトルションフレームの3つの新たなテクノロジーを採用。あらゆる無駄を省きながら、プレーヤーがレザースパイクに求める柔らかなボールタッチはもちろん、さらなる軽量化今までにない圧倒的なフィット感を実現した。


アディダス シニアデザイナーのホセ・ムニョス氏は、「『コパ』の真髄であるシンプルさ、フィット感、そして履き心地という3つの要素を徹底的に突き詰めたモデルが、このコパ ピュア。市場に並ぶどんなスパイクよりも心地よくフィットするモデルを目指し、デザインを開発した。クラシックなデザインを大切にしながらも一切の無駄を省き、デザインと機能性の両面で現代サッカーに対応できる一足になっている」とコメントしている。


長谷川唯選手は「ボールを触る感触や足馴染みの良さが好きでレザースパイクを選んでいるが、今回のコパ ピュアは今まで以上に足を入れた感覚が特に良く、最初に履いた時からフィット感を実感できる一足だと感じた」とコメント。藤田譲瑠チマ選手は「レザーの柔らかさを最初から感じられて、とても履きやすい。レザーアッパーのモチっとした感触やデザインにも『コパ』らしさがあり、履いてみると今までよりもさらにフィット感が良くなった印象」とコメント。


また山根陸選手は「まず軽さに驚いた。そしてこの高いフィット感にも。ステップも踏み込みやすく、プレー中に余計な力を使わずに動けると感じた」と述べている。このほか、「コパ ピュア」の着用を予定するのは、香川真司選手、喜田拓也選手、橋本拳人選手、川辺駿選手、斉藤光毅選手、長野風花選手、猶本光選手、高橋はな選手、パウロ・ディバラ選手、ジョアン・フェリックス選手、デクラン・ライス選手、カタリナ・マカリオ選手など。


「コパ ピュア」は、トップ機種の「コパピュア+FG」(税込3万4100円)から「コパ ピュア.3 HG/AG」(税込1万450円)までをラインアップしている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP