shoespost

 

 

Shoespost-online

2020年10月25日

Shoespost-online

2020年10月25日

デサントジャパン、「デサント」で持続可能なものづくり推進する「RE:DESCENTE」始動

デサントジャパンは、環境経営の指針として掲げる「デサント環境基本理念・デサント環境方針」のもと、ハウスブランドのデサントにおいて3つのR(Reduce、Reuse、Recycle)の観点からサステナビリティを推進する取り組み「RE:DESCENTE(リ:デサント)」をスタートする。


RE: DESCENTEは、Reduce(削減する)を観点とした「RE: DESCENTE SEED(リ:デサント シード)」、Recycle(繰り返し使用する)を観点とした「RE: DESCENTE BIRTH(リ:デサント バース)」の2つの商品カテゴリーを柱としている。


「RE: DESCENTE SEED」は、自然に分解される生分解性素材を使用した商品カテゴリー。天然繊維の和紙を原料とした独自素材だけでなく、ボタンや接着縫製に使用する接着剤などの副資材にも生分解性素材を使用しており、スポーツウェアとしての機能性も備えている。


「RE: DESCENTE BIRTH」は、回収衣料品をリサイクルして作った再生ポリエステルを使用した商品カテゴリー。化石燃料由来の化学繊維の使用を抑えることを目指しており、全国に10店舗あるデサントブランドの直営店「デサントブラン」で同社が取り扱うすべてのブランド商品の回収も行っていく。


2つの商品カテゴリーは、デサントブランおよびデサント公式オンラインストアのデサントストアで展開されるほか、韓国および中国でも順次発売される。


同社では、アジアを中心に環境配慮と高機能要素を組み合わせた商品展開および環境保全活動に取り組むことで、持続可能なもの創りへの挑戦を体現していくとしている。


関連記事


注目記事


有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP