shoespost

 

 

Shoespost-online

2023年02月04日

Shoespost-online

2023年02月04日

アシックス、兵庫県と包括連携協定を結ぶ

包括連携協定を結んだ兵庫県の齋藤元彦知事㊧とアシックス廣田康人代表取締役社長CEO兼COO

アシックスは、兵庫県とスポーツ振興や健康増進などの各種活動を通じた地域課題の解決並びに地域経済の発展に公民連携で取り組むため12月20日、「連携と協力に関する協定(包括連携協定)」を締結した。


兵庫県は、県政の基本指針「ひょうごビジョン2050」において、「自分らしく生きられる」「新しいことに挑戦できる」「誰も取り残されない」など5つの社会像を示し、県民を始め、多様な主体が連携して「誰もが希望をもって生きられる1人ひとりの可能性が広がる『躍動する兵庫』」の実現を目指している。


また、アシックスは、1949年に創業者の鬼塚喜八郎氏がスポーツによる青少年の育成を通じて社会の発展に貢献することを志し、神戸で興した会社。同社が掲げる「健全な身体に健全な精神があれかし」という創業哲学は、今日も同社のすべての活動の源泉となっている。


将来ありたい姿を長期的な視点で表した「VISION2030」では、創業哲学を改めて中心に据え、「スポーツでつちかった知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」のもと、「誰もが一生涯、運動・スポーツを通じて心も体も満たされるライフスタイルを創造する」ことを目指す姿として掲げている。


今回の協定は、兵庫県と同社のビジョンや目指す方法が一致していることから実現したもの。包括連携協定に関わるすべてのアクションは、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」と「ダイバーシティ&インクルージョン」の2つの視点を取り入れ、その実現を目指して実施する。


包括連携協定の主な内容は、①スポーツの振興に関すること、②健康増進に関すること、③環境保全に関すること、④キャリア教育に関すること、としている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP