shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年07月27日

Shoespost-online

2021年07月27日

EU-日本のEPA発効後の革靴輸入――World FootwearとAPICCAPS、日本靴卸団体連合会が現状と手続きについてウェビナーで解説

左からジョアナ・V・テイシェイラ氏、野口貴弘氏、田中裕也氏



World FootwearとAPICCAPS(ポルトガル革靴・皮革製品工業会)、日本靴卸団体連合会は6月9日、「EU-日本・EPA履物と革製品の貿易協定について」と題したオンライン・セミナーを開催し、世界各地から200人超が参加した。


日本とEUのEPA(経済連携協定)は2019年2月1日に発効し、欧州から日本への革靴の輸出関税は毎年度2.16%下がっていくが、当初は手続きの複雑さもありEPAの適用が進んでいなかった。発効から2年(年度では3年)が経過して、状況は大きく変わりつつあることが、今回のウェビナーの大きなテーマになっている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP