shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年08月09日

Shoespost-online

2022年08月09日

okos、履き心地とサステナブルを両方かなえるシューズブランド「ケソウ」の公式サイトを開設



丸井グループのインキュベーション会社okosは、履き心地とサステナブルを両方かなえるパンプス「ケソウ」の公式ウェブサイト(https://kesou.jp/)を開設。今年9月にクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」で先行販売を行い、支援総額約600万円、支援者数約400人と、目標を大幅に達成した「Kesou Pumps(ケソウ パンプス)」の受注をスタートした。


ケソウ パンプスは、約2000人の女性たちの本音から着想し、約2年をかけて開発。歩きやすく痛くなりにくい履き心地のよいパンプスを、サステナブルな素材でつくっている。開発にあたり、普段からパンプスをよく履く女性、延べ90人に試し履きを実施した。


アウトソールは、天然発泡ゴムを使用。一般的なパンプスより3割(同社調べ)も軽く、素材もやわらかいため、疲れにくく、痛くなりにくい。デザインは足がきれいに見えるヒール風のデザインを採用。アッパーは、足がきれいに見えるよう、甲部分のカッティングの深さや形状にこだわり、サイドのデザインは流れるようなラインに加え、足が曲がる部分にも工夫を凝らした。


素材は、パンプスのアッパーからインソール、アウトソールまですべてにサステナブルな素材を使用。使用する素材の原材料のうち多くを占めるのは、回収した使用済みペットボトルとなっており、天然ゴムからできたアウトソール部分と組み合わせることで、環境にやさしいものづくりを実現した。また、製品の梱包に使用する袋や箱にもリサイクル素材を使用し、靴の梱包時に発生する緩衝材や取扱説明書などを省くことで、環境負荷を減らす仕組みを構築している。


さらに原材料調達から廃棄までに発生するCO2の排出量を算出することで、環境負荷を下げる取り組みを実施。第1弾商品であるケソウ パンプスのCO2排出量は3.57kg/CO2となっており、従来のパンプスから約3kg/CO2削減した(グループ会社製品比)。


ケソウ パンプスは、フォーマル過ぎず、カジュアル過ぎず、どんなファッションにも合わせやすいパンプスで、サイズは19.5~27.0㎝の全16サイズ展開。価格は1万2800円(税込)。


okosは、丸井グループが21年5月に新規事業の立ち上げと早期事業化および継続的な事業拡大の実現に向けて、新規事業創出と育成を目的として設立したインキュベーション会社。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP