shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年05月16日

Shoespost-online

2022年05月16日

「ルコックスポルティフ」から環境に配慮した初のサステナブルスニーカー――ECCO社のDriTan技術のレザーを採用

㊧LA ローラン ECL、㊨LA セーヌ Ⅱ ワイド ECL

デサントジャパンは、「le coq sportif(ルコックスポルティフ)」の定番スニーカーであるLA ローランとLA セーヌ Ⅱ ワイドから、環境に配慮した初めてのサステナブルスニーカーが2月中旬から登場している。


「ルコックスポルティフ」は、ブランドとして、サステナブルな商品開発への取り組みを始めており、今回はECCO社が開発した製造工程での水の消費を抑え、排出される汚水と化学薬品の使用を最小限にすることを可能にした「DriTan(ドライタン)」テクノロジーのレザーをアッパーに採用した。レザーを使用した他の品番とほぼ同価格帯での展開にしており、“手に取りやすいサステナブル商品”になっている。


機能面では、「LA ローラン ECL」には軽量性とクッション性を追求するためにアウトソール内部にEVAを配置。さらにインソールには、通気性、クッション性のあるオーソライトを使用している。サイズ22.5~28.5㎝で1万3200円(税込)。


「LA セーヌ Ⅱ ワイド ECL」では、屈曲性とクッション性のある軽量アウトソールを採用し、快適な履き心地を実現した。サイズは22.5~25.0㎝で1万2100円(税込)。カラーはともにベージュとホワイトの2色を用意している。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP