shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年09月27日

Shoespost-online

2022年09月27日

「スピングルムーヴ」が2022年元旦にニューイヤーモデル2品番を限定発売

スピングルムーヴのニューイヤーモデル。㊧SPM-470、㊨SPM-186

スピングルカンパニーは、「スピングルムーヴ」から新年の門出を華やかに彩る特別なモデルとして、丑から寅に変わる干支を表現したニューイヤーモデルを2品番「SPM-470」と「SPM-186」を、2022年1月1日から全国の取り扱い店舗と公式ONLINE SHOP(https://www.spingle.jp)で限定発売する。


同ブランドがニューイヤーモデルを展開するのは今回が初の試みとなる。2品番ともに、アッパーには、毛が付いた状態の牛革に虎柄をプリントした素材を採用することで、丑(2021年)から寅(2022年)に変わる干支を表現した。ライニングとインソールは高級感のある黒で統一し、インソールのロゴは新年を祝う金色の特別仕様となっている。


同ブランドの人気ミッドカットモデル「SPM-433」をベースにしたSPM-470は、つま先から側面、踵にわたる全周に特注したオリジナルの虎柄レザーを採用。アッパーのステッチはイエローで統一し、程良いアクセントとした。ベージュのコットン平紐が標準装備となり、寅をイメージしたブラックの蝋引き丸紐が付属。カラーはブラック。価格は2万5300円(税込)。


人気のローカットモデル「SPM-241」をベースにしたSPM-186は、つま先からバンプにかけて、特注したオリジナルの虎柄レザーを採用。アッパーのステッチ、ソールとの間にあしらわれたスエード、ブランドロゴが刻印されたレザータブは揃ってオレンジ色に統一。ブラウンのコットン平紐が標準装備となり、寅をイメージしたベージュの蝋引き丸紐が付属。カラーはブラウン。価格は2万3100円(税込)。



関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP