shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年08月09日

Shoespost-online

2022年08月09日

「ヨネックス」から軽量性と推進力を向上させたランニングシューズ「セーフラン 100X」



ヨネックスは、健康志向の高いランナーに向け、ケガが起こりやすい膝への負担を減らすランニングシューズ「パワークッション セーフラン」シリーズから、「セーフラン 100X」を、2022年2月下旬から発売する。


同シリーズは、ソール内部に同社の独自素材「パワークッションプラス」を搭載し、従来の軽量性を保ちつつ、一般的な衝撃吸収材であるEVAと比べて、衝撃吸収性を28%、反発性を62%アップさせ、12mの高さから落とした生卵が割れずに6m以上跳ね返るこの素材により、走行時の衝撃を和らげ膝を守る。ヨネックス史上最軽量のミッドソール素材「フェザーライト エックス」を採用することで、一般的なEVAと比べて約30%、軽量素材と比べても約12%の軽量化を実現した。


「セーフラン100X」は、フルマラソンを4時間から6時間前後で走るといった長距離でも疲れずペースを維持したいランナーに向け、軽量性と推進力を向上させている。踵部には、同社テニスシューズに長年使ってきた「エンデュランスラバー」をランニングシューズに初採用し、現行配合よりも約20%耐久性を高めている。


また、ミッドソールに内蔵した「3Dパワーカーボン」は、踵部の周囲を立ち上げることで、高い走行安定性を実現するとともに適度なしなりが筋肉への負担を軽減し、前方への推進力を生み出す。さらにインソールとミッドソールの中間部分の踏付け部に、厚さ2㎜の「パワークッション」をさらに増量し、推進力を向上させている。


セーフラン 100X メンとセーフラン 100X ウィメンがあり、ともに1万7600円(税込)。カラーは、男性用がエメラルド、ブラック/アシッドイエロー、ホワイト、女性用がエメラルド、ブラック/ライトピンク、ホワイトの各3色。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP