shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年09月24日

Shoespost-online

2022年09月24日

「アキレス・ソルボ」からスポーツ・カジュアルテイストにマッチする新デザインのスニーカー――アキレス独自の特殊素材「アクロフォーム」も搭載

ANF5430(右上)とANF5420(右下)

アキレスは、“一歩をつつむ、心をほどく。”をブランドコンセプトにしたレザーシューズ「アキレス・ソルボ」で、大人の女性に向けて昨年秋にデビューしたニューラインから、スポーツ・カジュアルテイストにマッチするレザースニーカー2タイプを、9月上旬に全国の百貨店、靴専門店、アキレス・ソルボショップ、有名ECサイト、アキレスウェブショップで発売する。


「アキレス・ソルボ」は、衝撃吸収・圧力分散素材「ソルボセイン」を踵部に搭載し、軽くてクッション性の高いソールが膝や腰への負担を軽減。足なじみの良いソフトレザーを始め、柔らかい素材が一つになって足を包み込む。


昨年秋のニューライン登場以来、「シンプルで上質なワードローブに合わせやすい」といった高い評価や多くの支持の声とともに、「この快適な履き心地をスポーツ・カジュアルテイストにも活用したい」という要望があり、今回のスニーカー2タイプはそれに応える形で開発をスタートした。


ブランド最大の特徴である快適な履き心地を保ちながら、シンプルかつスポーティなオリジナルデザインを実現するため、従来のモデルで採用していたアッパーと靴底を一体成型するインジェクション製法ではなく、ソールデザインの自由度を優先したハンドメイド製法を採り入れた。


ソール内の構造をいちから検討し、衝撃吸収性と反発性に優れる同社独自の特殊素材「アクロフォーム」を前足部に配置。さらに、足なり歩行をサポートする3Dシャンクも内蔵している。スポーツアイテムとは一線を画す上質なオールレザーのデザインスニーカーで、品格あるカジュアルさと柔らかい「抜け感」を演出する。アイテムは、シューレースタイプのANF5420と紐なしのANF5430で、サイズは22.5~24.5㎝。カラーは、それぞれ黒と白があり、価格は1万9800円(税込)。


「アキレス・ソルボ」では、地球環境に優しい取り組みとして、使用する皮革の半数以上を、国際皮革環境認定レザーワーキンググループ(LWG)に認証を受ける皮革製造業者(タンナー)から仕入れ、汚水処理・大気汚染防止、労働環境の充実を守った環境で生産されたものを使用するなどサステナブルな活動を行っており、将来的にはすべてをLWG認証タンナーからの調達へと切り替えていく予定、としている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP