shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月04日

Shoespost-online

2022年12月04日

「サロモン」のトレイルランニングシューズの代名詞「スピードクロス」がアップデート



アメアスポーツジャパンは、「SALOMON(サロモン)」のトレイルランニングシューズの代名詞である“SPEEDCROSS(スピードクロス)”をアップデートさせた「SPEEDCROSS 6(スピードクロス 6)」を発売した。


スパイクのようなアウトソールが特徴の スピードクロスの今回のアップデートでは、高めの10㎜ドロップはそのままに、全体(スタックハイト)は3㎜低くなり、土抜けとグリップ力を向上させるため、ラグ同士の隙間も狭くしたY字ラグを配置した。この新しいY字型のラグは、滑りやすい路面で最高のグリップ力を発揮し、泥の抜けも良くなったことで、トレイルでより速く、より安全に走ることができる。


また、アウトソールを変更したことで、シューズの重量は10%軽減され、メンズ27㎝の片足で298gとなった。アッパーに関しては、足を包み込むようにフィット性を高めるセンシフィットとクイックレース、EnergyCell+ミッドソールコンパウンドが足元に快適性とクッション性をもたらす。新たに配置された伸縮性の高いニット素材がタンを覆うため、砂や小石の侵入を防ぐ。


「スピードクロス 6」は、メンズ・ウィメンズとも6色展開で、価格は1万7600円(税込)。「スピードクロス 6 GORE-TEX」は各5色展開で、価格は2万900円(税込)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP