shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月04日

Shoespost-online

2022年12月04日

「PUMA SKATEBOARDING(プーマ スケートボーディング)」が今秋から再始動



プーマ ジャパンは、80年代後半から90年代にかけてのスケートボードの黄金時代と言われるシーンにルーツをもつ「PUMA SKATEBOADING(プーマ スケートボーディング)」を今秋から日本で再展開する。スケートボードのパフォーマンス向上につながるプーマ独自のクッショニングテクノロジー「NITRO FOAM (ニトロ フォーム)」を採用したシューズ、アパレルを10月22日(土)から順次発売していく。


「PUMA SKATEBOARDING」は、80年代後半のアメリカ西海岸のスケートシーンにルーツをもつ。当時は最新のプーマのバスケットボールシューズを着用したスケーターたちがシーンを席捲し、著名スケートマガジンの表紙を飾るなど“ライバルたちとは一味違うスタイル”を求めるスケーターたちの間で一大ブームを巻き起こした。その後、90年代にはプーマ独自のスケートボードシューズのコレクションを発表し、シグネチャーモデルも登場するなど世界中で数多くのトップスケーターたちに愛用された。


「PUMA SKATEBOARDING」は、プーマのDNAである「FOREVER.FASTER.(フォーエバー ファスター)」を体現するためのプロジェクトの一環として、この秋より始動する。過去に数多くのスケーターたちがプーマのシューズを愛用し、スケートシーンを飾ったという歴史の事実を背景に、現在のプーマがもつ最新のクッショニングテクノロジー「NITRO FOAM」を搭載したシューズ「SUEDE SKATE NITRO(スウェード スケート ニトロ)」が登場する。


反発性に優れたクッショニングテクノロジーを採用することで、スケートシーンに“速さ”という新たな価値観と新次元のパフォーマンスをもたらす。アイテムは、「スウェード スケート NITRO OG」(税込1万450円)、「スウェード スケート NITRO アルゼンティーナ」(12月中旬発売予定、税込1万450円)、「スウェード スケート NITRO」(12月中旬発売予定、税込1万450円)、「スウェード バルク」(12月中旬発売予定、税込9350円)。


また、クラシックテイストのコーチジャケット(税込1万1000円)やツイルパンツ(税込8800円)、CLASSICフーディ(税込7700円)などのアパレルも同時に展開する予定。


今後は、「SUEDE SKATE NITRO」を着用する“PUMA SKATEBOARDING TEAM” のライダーとして有馬昂希選手、根岸空選手、戸倉万汰廊選手、米坂淳之介選手を迎え、チームビデオなども公開していく。第1弾となるティーザーフィルム「FOREVER FASTER AND PUSH (https://youtu.be/9oLsELA2aaU)」を、10/22(土)に公開した。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP