shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月07日

Shoespost-online

2022年12月07日

「アキレス・ソルボ」から“ボア”付で暖かく、脱げにくい工夫を凝らした女性向けスリップオンが登場



アキレスは、レザーシューズブランド「アキレス・ソルボ」から、暖かく、“ふわふわ”した履き心地に、脱げにくい工夫を施した大人の女性向けのボア付きスリップオンシューズ「ASC5100」を10月下旬から全国の百貨店や靴専門店、アキレス・ソルボショップ、有名ECサイト、アキレスウェブショップで本格発売している。価格は1万7600円(税込)。


「ASC5100」は、暖かくて“ふわふわ”したブランケットが足を包み込むイメージでつくられた。脱ぎ履きがしやすいうえ、ストレスを軽減し、足をホールドするための工夫が随所に施されている。


まず、踵の履き口の先端にウレタンパッドを内蔵し、インソールの表面材に滑りにくいマイクロファイバーを採用することで、足のホールド感を高めている。足あたりのこだわりとしては、ライニングにウレタンを貼り合わせた柔らかい起毛素材を使用しているほか、アウトソールの踵表面にあるドーナツ型の円形を、周りよりも少し凹ませることでクッション効果を高めている。カラーはヌバック/オークとヌバック/黒で、サイズ展開は22.0~25.0㎝。


「アキレス・ソルボ」は、“一歩をつつむ、心をほどく。”をブランドコンセプトに、足なじみの良いソフトレザーを始め、柔らかい素材がひとつになって足を包み込む、その快適な“履き心地”で評価が高いレザーシューズを提案。有名セレクトショップとのコラボシューズ展開も行うなど、新たな広がりを見せている。


機能面では、衝撃吸収・圧力分散素材のソルボセインを踵部に搭載。軽くてクッション性の高いポリウレタン製のソールは、膝や腰への負担を軽減し、加水分解による劣化も起きにくい。さらに解剖学に基づいた足裏設計により、加齢や疲労で下がるアーチを支える機能も特徴のひとつ。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP