shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年08月18日

Shoespost-online

2022年08月18日

ゴールドウイン、「GOLDWIN PLAY EARTH PARK」を創業の地・富山県の特別協力で富山県富岩運河環水公園/富山県美術館で7月23日から開催へ



株式会社ゴールドウインは7月23日(土)から8月14日(日)、富山県の特別協力を受け、富山県富岩運河環水公園と富山県美術館(富山県富山市)で、子どもやファミリーを対象としたイベント「GOLDWIN PLAY EARTH PARK TOYAMA(ゴールドウイン プレイアースパーク トヤマ)」を開催し、未来を担う次世代の子どもたちに、地球の持つ不思議なテクノロジーに触れ、自然とのつながりを深める体験の場を提供する。「地」・「水」・「火」・「風」・「空」といった地球を構成する5つのエレメントをテーマにした「遊具」を、建築家とコラボレーションで製作し、子どもたちが自由に遊びを創り出す空間を提供する。


この催しは、今春、東京ミッドタウン(東京都港区)芝生広場で開催され好評を博した「GOLDWIN PLAY EARTH PARK」が、ゴールドウイン創業の地である富山県のサポートを受け、次世代育成の観点から富山の子どもたちに向けた地球とつながる新鮮な遊びを提案するもの。会期中、富山県美術館の3階では、美術館と連携して子どもたちの自由な発想を導き出すワークショップを開催。加えて、5つのエレメントをテーマに、「THE NORTH FACE」や「HELLY HANSEN」など、同社が展開する5つのブランドから、デザイナーなどとコラボレーションしたウェアや建築家と設計した遊具に関連するグッズなど、「PLAY EARTH」のコンセプトを反映したアイテムを販売するポップアップストアの展開などを実施する。


また、富山市の中心部を運行する富山地方鉄道が運営する市内電車7000形の路面電車(通称「市電」/一編成)に、「GOLDWIN PLAY EARTH PARK TOYAMA」仕様のデザインがラッピングされる。


■「GOLDWIN PLAY EARTH PARK」について
スポーツアパレルメーカーとして歴史を重ねてきたゴールドウインは、スポーツの可能性を拡張し、美しい自然とともに人間らしくある未来へと進むため、創業70周年を迎えた2020年に「PLAY EARTH(プレイアース)」(地球と遊ぶ)というコンセプトを掲げた。スポーツの起源は、余暇の時間を楽しむための地球との遊びから始まったと言われている。原始的な自然に触れ、好奇心のままに学び、感動すること。この体験の積み重ねにより、仲間や自然と言葉を超えた関係性を築くことが、同社の考えるスポーツの原体験。30年後の美しい地球を想像するとき、未来をつくる子どもたちとともに、地球と遊ぶ、スポーツの原体験となる場所が「GOLDWIN PLAY EARTH PARK」となる。


■「GOLDWIN PLAY EARTH PARK TOYAMA」=富山県富岩運河環水公園(富山県富山市湊入船町1)▽開催期間=7月23日(土)~8月14日(日)▽主催=ゴールドウイン▽特別協力=富山県▽営業時間=10:00~17:00(遊具の営業時間)▽特設サイト=https://playearthpark.goldwin.co.jp/


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP