shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年05月18日

Shoespost-online

2022年05月18日

アサヒシューズ、「快歩主義」で伊藤忠商事とマスターライセンス契約結ぶ

写真は11月10~12日に行われた「第48回国際福祉機器展 H.C.R.2021」でのアサヒシューズ「快歩主義」のブース



アサヒシューズはこのほど、主に高齢者に向けて健康・快適シューズを展開するブランド「快歩主義」の履物類、草履類、運動用特殊靴を除いた品目について、伊藤忠商事とマスターライセンス契約を締結した。


2000年6月から発売し、販売累計が1000万足を突破している「快歩主義」は、体重移動をサポートし、つまずきにくいといったオリジナル機能を搭載した健康・快適シューズブランドで、シニアマーケットにおける“健康”を切り口としたビジネス展開を考えている伊藤忠商事と、靴以外のアイテムを拡充することにより顧客満足度を高め、ブランド価値を向上させたいとするアサヒシューズとの意図が合致し、今回の契約に至った。


契約は、「快歩主義」ブランドの日本国内の販売における企画、生産、販売を許諾するもので、伊藤忠商事は今後、靴下などの展開からスタートし、杖などの歩行具からレッグサポーターなど、歩行周りのアイテムを充実させ、介護市場に参入していく予定。販路については、GMSを始め、百貨店および介護・衣料分野などを想定している。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP