shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月08日

Shoespost-online

2022年12月08日

「ブルックス」のスピード系ハイエンドモデル「HYPERION ELITE 3」が6月17日(金)から発売



アキレスは、米国No.1ランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」の次世代開発チーム“ブルーライン”が手掛けるスピード系ハイエンドモデル、HYPERION ELITE(ハイペリオン エリート)の第3世代モデル「HYPERION ELITE 3(ハイペリオン エリート 3)」を、ブルックス公式サイトと一部店舗で6月17日(金)に限定発売する。ユニセックスサイズ(23.5~29.0㎝)展開で、2万9700円(税込)。


「HYPERION ELITE」 は、“速さ×安定感”を開発コンセプトに世界のトップランナーとともに開発したトップモデル。ミッドソールに、液化窒素ガスを混ぜて臨界発泡し、成型し、軽量かつ抜群の安定性と反発力を合わせ持つ素材「DNA FLASH」を採用し、可変式カーボンプレートを搭載している。「DNA FLASH」は、一般ソールに比べて32%の軽量化と18%のソフト化を実現し、反発性は22%アップしており、軽量性・クッション性・反発性の3つをバランス良く兼ね備えている。


今回、発売する「HYPERION ELITE 3」は、快適なフィット感と通気性が持続する仕様へと大きくアップデート。アッパーと踵、タンは優しく包み込みながら、しっかりと固定できる構造とし、シューレースは100%リサイクルポリエステル素材を使用し、適所で保持される設計の新しいデザインを採用した。足をしっかり包み込み固定しながらも通気性を向上させることで、フルマラソンでも後半粘れる余裕を生み出してくれる、ひと味違うスピードと安定感を提供する。ドロップは8㎜で、重さは230g(27.0㎝/片足)。


昨年4月、オレゴン州で開催された「BROOKS 50K & Marathon」では、2018年のボストンマラソンのチャンピオンであるデジレ・リンデン選手がこの「HYPERION ELITE 3」を着用し、従来の記録(3’07’20)を約7分も短縮する50㎞の世界記録(2‘59’54)を更新した。これにより、リンデン選手は50㎞を3時間以内に走った世界初の女性ランナーとなった。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP