shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年05月14日

Shoespost-online

2021年05月14日

「プーマ」の90年代の日本限定カラーを姫路レザーを使った日本生産で復活

SUEDE VTG MIJの第2弾となるSUEDE VTG MIJ RETRO



プーマジャパンは、厳選された素材を使い、匠の技が光る日本国内の工場で生産された「プーマMIJ」コレクションから、SUEDE VTG MIJの第2弾となるSUEDE VTG MIJ RETRO(スウェード ヴィンテージ MIJ レトロ)を4月28日から発売する。


1968年にトレーニングシューズとして誕生した「プーマスウェード」は、80年代には数々の有名アーティストに愛用され、ヒップホップカルチャーやスケートシーンに欠かせないアイテムとして世界中にその名を広めた。


SUEDE VTG MIJは、プーマの歴史とともに歩んできた名作モデルの中での最高峰のコレクション。今回は、90年代後半に日本限定で生産されていた3カラー(グレー×ブラック、レッド×ネイビー、イエロー×グリーン)が復活する。


今年1月に発売された第1弾の「SUEDE VTG MIJ SILVERは、ライニングを縫い付けるステッチに、コントラストステッチを採用していたのに対し、今回は90年代の製法を踏襲し、アッパーと同色のステッチを採用している。


そして従来のSUEDE CLASSICのアッパーパターンではなく、1979年から1980年代中頃に発売されたSUEDE90681をベースに、さらに近いものを忠実に再現するため、新たにアッパーパターンを起こして製作した。シューホールは、現代のスタンダードである7穴に変更され、履き心地やフィット感を向上させながらアッパーのデザインバランスにもこだわっている。


アッパーの素材には、兵庫県姫路市で生産された姫路レザーを採用し、古くから続く生産手法により革本来の風合いを最大限に活かしたプレミアムスウェードを採用している。価格は2万350円(税込)。プーマストア原宿、プーマストア大阪、プーマ公式オンラインストアと一部の取扱店舗で販売する。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP