shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年09月18日

Shoespost-online

2021年09月18日

軽さをテーマにした「エア ジョーダン 36」が8月22日から順次発売



ナイキジャパンは、ジョーダン ブランドから「Air Jordan(エア ジョーダン)36」を8月22日から順次、SNKRSとNIKE.COMおよび一部のNIKE/JORDAN取り扱い専門店で発売する。価格は2万2550円(税込)。「Air Jordan 36 Global Game Rui Hachimura」は8月22日から、「Air Jordan 36 First Light」は9月2日から、「Air Jordan 36 Psychic Energy」は9月16日からの発売となる。


エア ジョーダン 36の開発にあたってジョーダン ブランドは、エア ジョーダン 34とエア ジョーダン 35から学んだ“要素を削ぎ落すための知識”を生かし、さらにそれを追求するために、テーマを「軽さ(light)とした。


アッパーは、“からみ織”と呼ばれる、よりをかけた縦糸2本と横糸を織り合わせた織物の一種を採用している。この素材は、軽さを実現しただけでなく、空気や光、色が通り抜けるような通気性や透け感もある。


「バスケットボール市場の中で、私たちが気付いた1つのトレンドは、軽量性が機能的特徴であると説明されていること。そしてそれが、ボールハンドリングや足を使った動きに役に立つと知られている。ジョーダン ブランドの本来の特徴は、フロアから足が離れている時間、ハングタイム、つまり跳び上がっている時間にこだわるところ」とジョーダン ブランドのチャド・トロイヤー シニアプロダクトライン マネージャーは話す。


そこで、歴代のジョーダン ブランドのシグネチャーシューズの中で最もズーム エアを広範囲に使用したほか、「前足部のズーム ストロベルの下に、もう1枚ズーム エア ユニットを重ねることで、プレーヤーがフロアから素早く跳び上がれるような“弾み”を提供したいと考えた」という。


「軽さ」の意味を考えることは、ジョーダン ブランドの若手アスリートの動きに合ったデザインをつくることにも通じる。サトウ・サバリー、ジェイソン・テイタム、ルカ・ドンチッチ、ザイオン・ウィリアムソン等のプレーヤーは、信じられないほどパワフルであると同時に優雅さも備えている。その動きにフィットさせるために、ソックライナーにも小さな穴を開けて、軽量化をはかると同時にズーム エア ストロベルと足をより近づけている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP