shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年10月28日

Shoespost-online

2021年10月28日

青山商事、シリーズ累計販売30万足の紳士ビジネス靴「ブリヂストン」シリーズをリニューアル



青山商事は、シリーズ累計販売30万足を突破したビジネスシューズの主力商品「BRIDGESTONE sole Technology(ブリヂストン ソール テクノロジー)シリーズ」をリニューアルし、10月6日(水)から全国の「洋服の青山」および公式オンラインストアで販売を開始した。


「BRIDGESTONE sole Technology シリーズ」は、ブリヂストンのタイヤ技術を靴底に搭載した同社オリジナルモデル。このシューズは、タイヤ技術を応用した“高いグリップ性”とマッケイ製法による“やわらかい履き心地”などにこだわったビジネスシューズとして、活動的なビジネスパーソンから革靴入門者までに支持されている。


今回のリニューアルでは、ブリヂストンのSUV用タイヤのトレッドパターンを新たに採用することで、これまで以上に優れたグリップ性を発揮。あらゆる路面状況に対応し、歩行を力強くサポートする。シューズの踵部にはブリヂストンのロゴマークを入れた「洋服の青山」特別仕様となっており、スポーティな印象を強調している。


シューズのアッパーには丈夫でしなやかなキップ(牛革)を、腰裏にはソフトで足馴染みの良い豚革を使用した。靴内は低反発カップインソールで歩行時の足裏への衝撃をやさしく吸収する。スタイルは外羽根ストレートチップで、カラーはブラック。価格は1万4300円(税込)で、サイズは24.0~28.0㎝の9サイズ。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP