shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年10月01日

Shoespost-online

2022年10月01日

SODA、誰でもかんたんにネットショップを「スニダン」内に開設できるスニダンかんたんショップをリリース

SODA(東京都渋谷区、内山雄太代表取締役)は、スニーカー&ハイブランドフリマ「SNKRDUNK(スニーカーダンク、以下スニダン)」内で、「スニダンかんたんショップ」を8月29日(月)からリリースした。これにより、企業・個人事業主・個人等、すべての人が簡単にスニダン内に自分のショップを開設することが可能となった。


2次流通市場は、個人のエシカル消費やSDGsの追い風もあって急速に市場が拡大し、2020年は前年比2.5%増の2兆4169億円になったと言われている。中古品を売買することは今や珍しいことではなく、当たり前のように消費者の生活に浸透している。


そのような状況下で、以前より多くの事業者がスニダンに商品を出品・販売したいとの要望があることから、同社としてもスニダンおよびスニダンかんたんショップを通して、2次流通市場のDX化の一翼を担うべく、今回の取り組みが立ち上がった。


スニダンかんたんショップは、企業・個人事業主・個人を対象に、スニーカーやブランド品、トレーディングカード等を「公認ショップ」として、手頃な手数料(4.4~6.05%)で月間400万人以上が利用するスニダンへ出品・販売できるサービス。また、専門担当者がショップオーナーに限定のサポートを通して、円滑な取り引きを実現し、将来的には公認ショップ限定の機能や販売スキームの構築など、ショップオーナーの売上増加に貢献する。


2021年に試験提供としてサービスを開始した「SNKRDUNKパートナープログラム」では、先行して企業・個人事業主がスニダンに商品を出品・販売しており、大きな成果をあげているという。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP