shoespost

 

 

Shoespost-online

2023年02月01日

Shoespost-online

2023年02月01日

ORPHE、最短2分で歩容を解析する医療向けの「ORPHE ANALYTICS MEDICAL」を発表



ORPHE(オルフェ)は、最短2分で歩容を解析する医療向け歩行分析ソリューション「ORPHE ANALYTICS MEDICAL(オルフェ アナリティクス メディカル)」を発表した。


「ORPHE ANALYTICS MEDICAL」は、センサーによる高精度な歩行分析を手軽なセットアップで利用できる医療機関向けソリューションで、従来の歩行分析における「計測時間がかかる」「リハビリの効果がわかりづらい」「医療従事者間での情報共有が非効率的」といった課題を解決する。


提供開始は2023年2月の予定しており、ウェイティングリスト登録(https://orphe.io/analytics-medical)を受け付けている。ウェイティングリストに登録すると、サービス提供開始時にいち早く通知を受け取ることができる。


「歩行障害を抱える患者にとって、歩行分析は最適な治療を選択するために重要だが、これまで簡便に歩行を計測できる仕組みがないためアナログに行われてきた。しかし、私たちが開発するスマートシューズでは、靴の足底部や足背部にセンサーを取り付けることで簡単に定量的な歩行分析ができる。このシステムを臨床に対しても応用することで、簡易で実用的な歩行分析を実現できると考えている」とORPHE CEO/Founderの菊川裕也氏は述べている。


また、「ORPHE ANALYTICS MEDICALなら専門職以外の人でも歩行の特徴や問題点を捉えられるので、歩行の課題を医療者間で共有できる。リハビリ関連職などの専門職なら、詳細なデータを活用して課題の原因を深く考えることもできる」と三宅医学研究所の理学療法士である新池友希氏は述べている。

「ORPHE ANALYTICS MEDICAL」は、日々の診療の中でも実務を妨げないスピーディな計測を可能にし、センサー「歩容解析デバイスORPHE CORE MEDICAL(一般医療機器 歩行分析計)」は、手のひらに収まるほどコンパクトかつ軽量で、大掛かりな設備を必要としない。計測のセッティングは簡単かつスピーディで、センサーを靴に取り付けて6〜10m定常歩行するだけで最短2分でレポートが出力される。


計測後にはレポートが出力され、経過の比較情報やわかりやすい5段階評価・豊富な指標などが表示される。患者の状態を定量的な計測データで正確に把握できるので、医療従事者間でのコミュニケーション効率が向上するだけでなく、患者との目標設定や目標達成度の評価にも役立ち、治療効果の見える化で患者とのコミュニケーションをサポートする。


1カ月から利用できる短期プランと、1年間から利用できる年間プランを用意し、短期プランは月額3万9600円(税込)から。契約終了後も短期プランは1年間データを保管し、年間プランは5年間データを保管できる。


ORPHE(オルフェ)は、センサーやコンピュータを内蔵した履物「スマートフットウェア」を中心としたウェアラブル機器と、そこから得られるデータを活用するセンシング&クリエイティブプラットフォームORPHEを提供している。2015年に発表したアーティスト向けの「ORPHE ONE」はコマーシャルや舞台、メディアアート業界から支持を集め、2019年にはランナー向けの「ORPHE TRACK」を発表し、アシックスとのコラボレーションプロジェクトも展開している。ORPHEは2014年に設立され、2021年7月15日にno new folk studioから社名変更を行っている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP