shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年03月03日

Shoespost-online

2021年03月03日

ブリヂストンスポーツ、20年末でテニス事業から撤退

ブリヂストンスポーツおよび100%出資子会社のブリヂストンスポーツセールスジャパン(以下同社)は、20年末でテニス事業から撤退することを決めた。


同社は1984年にテニス事業に本格参入し、主に国内でBRIDGESTONE(ブリヂストン)ブランドのテニス製品を企画・製造・販売してきた。また、04年からはTecnifibre(テクニファイバー)ブランドの国内販売代理店として事業展開してきたが、今回の決定で今後はゴルフ事業に経営資源を集中させるとしている。


BRIDGESTONEブランド、PARADISO(パラディーゾ)ブランドのテニス関連製品の製造・販売およびTecnifibreブランドの製品販売は20年12月31日をもって終了し、日本国内におけるTecnifibreブランドの製品販売については21年1月1日以降、ラコステジャパンが行う予定。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP