shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年10月28日

Shoespost-online

2021年10月28日

ミズノとOVER ALLsがサッカーの聖地・時之栖スポーツセンターに「子どもたちの気持ちに寄り添う」ウォールアート制作

時之栖スポーツセンターに設置された横約25m、高さ約3mの巨大ウォールアート



ミズノは、アートの持つ力でサッカーに携わるすべての人にエールを届ける新たな取り組みとして、アート制作会社のOVER ALLs(オーバーオールズ)とともに、スポーツ交流施設「時之栖(ときのすみか)スポーツセンター」(静岡県御殿場市)のうさぎ島グラウンド施設内に、ウォールアートを制作した。


ウォールアートの制作は、コロナ禍でもサッカーに真摯に向き合うプレーヤー、それを支える人にエールを送りたいというミズノの想いと、アートで「楽しい国、日本」の実現を目指すOver ALLsの想いが合致し実現した。


“ENGINE=円陣”をテーマに、円陣を組んでいる“眼”にフォーカスし、今までもこれからも一緒に未来に進む仲間たちを表現した。「時之栖スポーツセンター」は、1995年にサッカープレーヤーの“稽古場”として設立され、現在は年間30万人ものプレーヤーが訪れるサッカーの聖地として知られている。


このウォールアートは、過去、現在、未来に向けて、これからも多くの人の“眼”で、プレーヤーの成長を見守り続ける「時之栖スポーツセンター」の姿も表現している。


ミズノフットボールは、“Japan Spirit”のフィロソフィのもと、サッカーにすべてを捧げるプレーヤー、そしてそのプレーヤーをサポートする人にとって、必要とされる、寄り添うブランドでありたいと考えている。同社では、今回制作したウォールアートが、どのような状況下でもサッカーに真摯に取り組むプレーヤー、それを支えるすべての人を励まし、5年、10年、その先まで、サッカーの聖地・御殿場で、そのアイコンとして応援し続けるものになることを願っている、としている。



発表イベントに登場した赤澤岳人氏、山本勇気氏、中村憲剛氏、横山直生氏(左から)



10月11日に行われたウォールアートの完成を記念したオンライン発表イベントには、ミズノ コンペティションスポーツ事業部横山直生氏、OVER ALLs代表取締役社長の赤澤岳人氏、画家でOVER ALLs副社長の山本勇気氏、ウォールアート制作にも加わったミズノブランドアンバサダーの中村憲剛氏が登場し、ウォールアートに込められた想いや今回の取り組みの意義や背景、サッカー×アートの可能性などについて語った。


ミズノの横山氏は、「スポーツが持つ力は大きく、前向きになれる力があることが分かっている。アートも数値化できない所や評価が難しいところ、迫力に引き込まれる素晴らしさなどがスポーツに似ている。ウォールアートが時之栖のアイコンとして、今後“前向きなれた”とか“かっこいい”などと感じてもらえるような、アート×スポーツの化学反応が起きることを楽しみにしている」と述べた。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP