shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年05月18日

Shoespost-online

2022年05月18日

【子ども靴特集 丸紅フットウェア「イフミー」】イフミー、イフミーカラン、イフミーナチュレの3本柱で子どもとママに寄り添った提案を



一貫して“子どもの足の健やかな成長を育むシューズ”を追求し続けている丸紅フットウェアの子ども靴ブランド「イフミー」。


2022年春夏シーズンは、2021年秋冬にイフミーの新シリーズとして登場した「イフミーナチュレ」をサブブランド化し、“子どもの足の健やかな成長を育むシューズ”をコンセプトとした「イフミー」、“(親子で)「かわいい」を、シェアする”をコンセプトにした「イフミーカラン」、そして“ベビー服をつくるように、くつをつくりたい”をコンセプトにした「イフミーナチュレ」の3本柱で、子ども達とママに寄り添ったシューズ提案を行っていく。同社は、イフミーはシューズ流通に向けて、ファッション性を強く打ち出しているイフミーカランとイフミーナチュレは、主にアパレル流通に向けて展開していく方針。


【イフミー】

機能性とデザイン性を併せ持った新商品を企画、豊富なラインアップを用意



イフミーは、2022年春夏シーズンにむけて、ファーストシューズをリニューアルしたほか、キッズシューズとスクールシューズに新たな機能インソールを採用した新モデルを提案。機能性とデザイン性を併せ持った豊富なラインアップで展開する。



ファーストシューズは、全面リニューアルを実施。アウトソールは、よちよち歩きのベビーの足本来の機能をサポートするため、薄めに設計し、屈曲性に優れたつくりになっている。アッパー、ライニングともにソフトな素材を採用し、ミドルカット丈にすることで安定感を高めた。さらに、履き口を大きく開く構造を取り入れ、履かせやすさにも配慮している。アイテムはワンベルトタイプ(税込価格3850円)とウォーターシューズ(税込価格3630円)。ともにカラーは洋服に合わせやすい3色を揃えた。

20-2300 3850円(税込)/リニューアルしたファーストシューズのワンベルトタイプ。サイズ11.5~13.0㎝(ハーフサイズあり)




ベビーシューズは、親が履かせやすく、子ども自身も履きやすいシューズとして、①キネティックベルト仕様、②つかみやすい大きなワンベルト仕様、③イフミーパット仕様の3タイプのアイテムを展開していく。イフミーパットは、ベロ部分と大型のベルトを一体化することで簡単にベルトを留めるできる機能で、“子ども自身でシューズを履くよろこびを知ってほしい”との思いから開発された。

左3点20-2305(ベージュ、ネイビー、ホワイト)、右2点20-2303(ブルー、レッド) ともに3630円(税込)/ワンベルトタイプのベビーシューズ。サイズ12.0~15.0㎝(ハーフサイズあり)

20-2302 3630円(税込)/イフミーパット採用のベビーシューズ。サイズ12.0~15.0㎝(ハーフサイズあり)

すべてのベビーシューズには、土踏まずの形成をサポートするインソールのウインドラスソーサーのほか、耐久性を損なうことなく、足を守る強さはそのままに軽量化を追求したLightソールが標準装備されている。





キッズシューズは、つま先部分の耐久性と屈曲性を向上させた「イフミージョーブ」を新たに提案する。イフミージョーブは、自転車や三輪車などに乗りながら、足をブレーキ替わりすることなどでつま先がよく剥がれるという消費者の声を解消すべく誕生した巻き上げ機能を搭載したモデル。

左2点30-2312(グレー、ホワイト)、右3点:30-2311(グリーン、ブルー、ベージュ)ともに3630円(税込)/イフミージョーブのキッズシューズ。サイズ15.0~21.0㎝(ハーフサイズあり)

中敷には、ウインドラスソーサーをさらにバージョンアップさせた“ハグインソール”を採用。踵部分のくぼみと左右のシェイプにより、シューズの中で足ブレを防ぎ、ホールド力を向上させ、さらに前足部にフレックスラインを施すことで屈曲性もアップさせている。イフミージョーブのラインアップは3型、価格は3850円(税込)。



これによりキッズシューズは、①軽さが特徴のイフミーライト、②毎日の遊びの中で足裏を効率よく鍛えることができるイフミープラス、③イフミージョーブの3タイプを主軸に展開していく。


2022年春夏は、イフミーの中でも人気が高いスクールシューズからも体育館履きに最適な新モデルが登場。今回は、前述のハグインソールと、毎日の遊びの中で足裏を効率よく鍛えることができるイフミープラスのアウトソールをダブルで搭載した、子どものアクティブな動きをサポートする上履き「SC-0009」を提案。従来の上履きに比べ、パターンをよりフィット感が高まるよう調整し、大きめのワンベルト使いで着脱しやすい仕様になっている。価格は3190円(税込)。

SC-0009 3190円(税込)/体育館履きに最適な上履きの新モデル。サイズ15.0~24.0㎝(ハーフサイズあり)



【イフミーカラン】

人気のワイルドフラワーシリーズに新モデルが登場。リボンモチーフのウォーターシューズも提案



親子で“「かわいい」をシェアする”をコンセプトに商品化しているイフミーカランは、リボンや花柄を取り入れた、ママと子どもがともに好む可愛いデザインが人気のブランド。


2022年春夏は、2021年秋冬にリリースし予想以上の売れ行きを見せた野花をイメージした「ワイルドフラワーシリーズ」の新モデルが登場。今回は八重桜がモチーフとなっており、ナチュラルなカラーリングに、人気のリボンモチーフをあしらい、タンネームにはイラストレーターの一栁綾乃さんが描き起こした八重桜のイラストを配した。シューズにはペットボトルから再生したサスティナブルな素材「エコペット」を使用し、素材面からもエコをテーマにしたシリーズになっている。


さらに、春夏の足元に欠かせないウォーターシューズも提案。レース素材をアッパーに採用したリボンモチーフのデザインで、穴あきのインソールとアウトソールを搭載した可愛さと快適性を兼ね備えた1足になっている。


ワイルドフラワーシリーズとウォーターシューズは、姉妹でリンクコーデを楽しむことができるようベビーとキッズでデザインを連動し展開している。


このほか、ベビーアイテムの新モデルとして、キラキラ輝くレースをアッパーに取り入れたワンベルトタイプも登場する。

イフミーカランのベビーシューズ 左2点(ベージュ、グレー)20-2325 3850円(税込)/リボンモチーフのウォーターシューズ。中2点(グレー、ベージュ)20-2326 4290円(税込)/八重桜をモチーフとしたワイルドフラワーシリーズの新モデル。右2点(ブルー、ピンク)20-2324 3850円(税込)/ラメレースをアッパーに使用したワンベルトタイプ。サイズはすべて12.0~15.0㎝(ハーフサイズあり)


イフミーカランのキッズシューズ 左2点(グレー、ベージュ)20-2327 4290円(税込)/八重桜をモチーフとしたワイルドフラワーシリーズの新モデル。右3点(グレー、ベージュ、ピンク)20-2328 3850円(税込)/リボンモチーフのウォーターシューズ。サイズはともに15.0~21.0㎝(ハーフサイズあり)

【イフミーナチュレ】

22年春夏からサブブランドとして展開。リクエストが多かったキッズモデルが登場



2021年秋冬に、「ベビー服をつくるように、くつをつくりたい」という思いをコンセプトに込めてデビューしたイフミーナチュレは、やわらかな風合いの日本材のファブリックを使用し、優しいカラーリングが特徴。ユニセックスで着用できるシンプルなデザインが人気を集めている。


2022年春夏は、待望のキッズモデルが登場。コートタイプでスポーティーになりすぎず、ナチュラルなファッションにもマッチする。左右が大きく開くタイプで、着脱もしやすい。サイズは15.0~21.0㎝(ハーフサイズあり)、価格は3850円(税込)。

20-2323 3850円(税込)/イフミーナチュレのキッズシューズ。スターモチーフのコート系スニーカー。サイズ15.0~21.0㎝(ハーフサイズあり)

ベビーモデルは、フィット性を高めるキネティックベルトを採用したスターモチーフスニーカーの新色モデルを用意。洋服に合わせやすい大人っぽいニュアンスカラーを採用している。このほか、スターモチーフを取り入れたウォーターシューズも用意している。

20-2320 3850円(税込)/イフミーナチュレのベビーシューズ。キネティックベルトを採用したスターモチーフスニーカー。サイズはすべて12.0~15.0㎝(ハーフサイズあり)




関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP