shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月04日

Shoespost-online

2022年12月04日

国産スニーカー「ブルーオーバー」から秋の足元を彩る新作モデル「コポリ」がリリース



BATON(バトン)は、国産スニーカーブランド「blueover(ブルーオーバー)」から、秋にぴったりな足元を彩るスニーカー「コポリ」を発売した。


ブランドの定番モデル「マイキー」をベースにデザインされた「コポリ」は、サイドの大胆な切り返しのアッパーデザインが特徴。履き心地はマイキー同様に、日本人に合わせたラストを使い、歩行に最適なソールの硬度設計を施しており、歩くための最適なデザインとなっている。サイド面を大胆に素材を切り替え、ナイロンを使っていることから、見た目にも軽快に、そして重量も軽量化されている。


切り返したナイロンは、コシがある半光沢の国内製ツイルナイロンを採用。スポーティな印象があるオックス(平織)ではなく、パンツなどで用いられるツイル(綾織)を採用しているのは、ボトムスとの相性を考えてのもの。その切り返しの位置は数㎜単位の調整を行い、前後の素材感、靴下とのマッチングが最適と思われる位置を見つけ出すため、幾度も試作を繰り返して完成させた。派手さはないが、細かなところまで考え抜かれて作られており、まさに大人のためのスニーカーとなっている。


このスニーカーは、履く人のお気に入りの靴下を合わせた時に完成されることを考えられている。そのため本体のカラーリングは派手な色使いではなく、服に合わせ合わせやすい落ち着きある彩度に同系色トーンで配色されている。今回リリースされたのは、黒、白の無彩色と赤系統のキャメル、青系統のネイビーの4色展開。サイズは、22.5~28.5㎝(1㎝刻み)で、価格は2万1780円(税込)。販売は、オンラインブルーオーバー(https://blueover.jp/)および直営店舗「struct(ストラクト)」(大阪市西区京町堀2-3-4 サンヤマトビル1F)で行っている。


「ブルーオーバー」は、2011年にスタートした、プロダクトデザイナーである渡利ヒトシ氏が国内の蓄積されてきた地域産業としてある製靴技術の継承のため、活動しているスニーカーブランド。可能な限り、すべての素材調達、加工、生産を国内で行っている。当たり前に歩きやすく、履きやすいことを大事とし、時代を問わず履き続けられるような普遍性あるデザインを追求している。そして靴も長く履き続けられるように素材を厳選している。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP