shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月04日

Shoespost-online

2022年12月04日

サッカーW杯で5人の日本代表選手が着用する「ミズノ」サッカーシューズの限定カラー「AZURE BLUE PACK」発売

左からMIZUNO α JAPAN、MORELIA NEO Ⅲ JAPAN、MORELIA Ⅱ JAPAN(ショートタンタイプ)

ミズノは、サッカーW杯で日本代表が着用予定のトップモデルのサッカーシューズ3種の限定カラー「AZURE BLUE PACK(アジュール ブルー パック)」を12月16日から順次、販売する。


「AZURE BLUE PACK」は、カタールの青空のもとで輝きを放つプレーヤーたちをサッカーシューズのカラーで表現した商品群で、「AZURE」とは空色、青空を意味し、カタールの美しい空をイメージしたブルーとカタールの砂漠や建造物をイメージしたカラーを採用した。


今回のラインアップは、11月3日に発表した「MIZUNO α」(ミズノ アルファ) シリーズから展開される「MIZUNO α JAPAN」(ミズノ アルファ ジャパン、税込2万3650円)、そして「MORELIA Ⅱ JAPAN」(モレリア ツー ジャパン、税込2万2550円、今回はショートタンタイプのみ展開)、「MORELIA NEO Ⅲ JAPAN」(モレリア ネオ スリー ジャパン、税込2万4750円)のトップモデル全3種類。国内販売目標数は、3種類合計で7500足。


                     

「MIZUNO α JAPAN」は、現代フットボールに求められる要素を兼ね備えた、ミズノ史上最もスピードを追求したサッカーシューズ。「MORELIA Ⅱ JAPAN」は進化を続けるモレリアシリーズの中でも究極のフィッティングを追求したモデル。「MORELIA NEO Ⅲ JAPAN」は軽量、柔軟、素足感覚をさらに研ぎ澄ませたモレリアネオの第3世代モデルとなっている。


ワールドカップでは、ミズノブランドアンバサダーの吉田麻也選手(シャルケ04)が「MIZUNO α JAPAN」を、権田修一選手(清水エスパルス)と田中碧選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ )が「MORELIA Ⅱ JAPAN」(ショートタン)を、守田英正選手(スポルティングCP)と相馬勇紀選手(名古屋グランパス)が「MORELIA NEO Ⅲ JAPAN」と、5人の日本代表選手が「AZURE BLUE PACK」を着用予定。


守田英正選手は、「これまでにない鮮やかなカラーなので、爽やかな気分で試合に臨める。抜群のフィット感を誇るこのカラーのシューズとともに、世界に日本の価値を証明していく」とコメントしている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP