shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年07月18日

Shoespost-online

2024年07月18日

おたふく手袋が鋼鉄先芯入りとは思えない見た目のワークシューズを新発売



1926年創業の老舗軍手メーカー、おたふく手袋(大阪府箕面市、井戸端勇樹代表)は、ミニマルなデザインと機能性を両立したワーク&アウトドア用のテックウェアを展開するブランド「FUBAR(フーバー)」から、鋼鉄先芯入りとは思えない見た目のワークシューズ「FUBAR ワークシューズ キャンバスハイカット サイドゴア」 を発売した。


今回は、建築現場や引っ越し業者など、屋内外を行き来する場面が多い仕事をしている人からのニーズが高い「靴紐を締めた状態のままでも容易に脱ぎ履きしやすい靴」という点に着目し商品を開発。サイドゴアを採用したキャンバスハイカットタイプのワークシューズで、ソールや靴紐も含め、流行のアースカラーをワントーンで仕上げ、鋼鉄芯入りとは想像できない上品なデザインに仕上げている。


脱ぎ履きのしやすさだけでなく、ガセットタンを取り入れた砂やほこりが入りにくい構造や、踵部分とタンに厚みのあるクッションをつけて、内部で足が遊ぶことのないようフィット感とホールド感を高めるなど、細部にもこだわった。


カラーはブラック、オリーブ、グレージュの3色展開。サイズは23.0~28.0㎝(ハーフサイズあり)。推奨売価は4378円(税込)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP