shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年04月17日

Shoespost-online

2021年04月17日

「ヨネックス」からひざを衝撃から守るクッション性と軽量性を両立させたランニングシューズ発売



ヨネックスは、健康志向の高いランナーに向けた、最も怪我が起こりやすいひざへの負担を減らすランニングシューズ「パワークッション セーフラン」シリーズから新たに、軽やかな走りを求めるランナーに向け、ひざを衝撃から守る高いクッション性と軽量性を両立した「セーフラン エアラス」を4月上旬から発売する。価格は1万7600円(税込)。


同シリーズは、ソール内部に独自の素材「パワークッションプラス」を搭載。従来の軽量性を保ちつつ、一般的な衝撃吸収材・EVAに対して衝撃吸収性を28%、反発性を62%アップさせ、12mの高さから落とした生卵が、割れずに6m以上跳ね返る衝撃吸収反発素材が、走行時の衝撃を和らげ、ひざを守る。


また、ミッドソールには中足部着地に適するカーブ形状の「3Dパワーカーボン」を内蔵、ランナーレベルに適した剛性としなり具合を実現。そして今回、新たに採用したヨネックス史上最軽量のミッドソール素材「フェザーライト エックス」は、一般的なEVA材より約30%、軽量素材からも約12%の軽量化を実現。


さらに、スムーズな着地と足抜けをアシストする中足部着地にも対応したソール構造「ミッドコンタクト設計」、アッパーには軽量で通気性の高い「サンドウィッチメッシュ」、足首への負担を逃がし、フィットする「アナトミカル・タン」を採用している。


高機能の軽量素材を各所に配置することで、厚底でありながらも男性用26.0cm で片足225g、女性用23.5cm は195g という軽さを追求するとともに、ひざや脚にも優しい設計を取り入れた。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP