shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年10月28日

Shoespost-online

2021年10月28日

連載【シューズビジネスを考えるー日本人の足と靴―⑬】低価格化からの脱皮(販売店へ)

低価格化、安売りを進めてきたシューズ売場の多くが業績の悪化に苦しんでいる。


低価格化競争で商品の品質まで落としてしまったことと、大量生産・販売による市場の同質化で生活者に飽きられてしまったことによる。


さらに集客を争って安売り同士の競争が激化し、市場は急速にスラム化してしまった。


安いからといっても、これまで以上に多く購入するケースは少ないから、販売額の減少にも苦しむことになった。


『シューズビジネスを考える』 新書版/349頁 本体1,800円+税(送料別)の購入はこちら



関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP