shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年08月09日

Shoespost-online

2022年08月09日

ミズノと伊藤園が茶殻リサイクルシステム」を活用した人工芝充填材を共同開発――高校のサッカーグラウンドに初採用

帝京長岡高等学校(新潟県長岡市)のサッカーグラウンド



ミズノと伊藤園(本庄大介社長)は、伊藤園独自の「茶殻リサイクルシステム」を活用し共同開発した人工芝充填材 Field Chip「Greentea」(フィールドチップ「グリーンティー」)が、帝京長岡高等学校(新潟県長岡市)のサッカーグラウンドで採用されたと発表した。この充填材を全量使用したサッカーグラウンドは全国で初めてになる。


Field Chip「Greentea」は、伊藤園で茶系飲料の製造時に出る茶殻を再利用したもので、ロングパイル人工芝サッカー場 1面(約8000㎡)で充填材として全量使用した場合、「お~いお茶」525mlペットボトル約43万本分の茶殻を配合。黒ゴムチップの充填材と比較して表面温度の上昇を約7℃抑えることもできる。また、茶殻を配合した樹脂でできているため、ゴムチップ特有のニオイがしない。


ミズノでは、持続可能な社会の実現に向けて、2021年度からグローバルでサステナビリティ活動をさらに加速させ、社会課題解決を通じた事業の成長を目指しており、スポーツフィールド分野でも二酸化炭素削減や人工芝利用によるマイクロプラスチック流出抑制などのサステナビリティ活動に取り組んでいる。


伊藤園では、「茶殻リサイクルシステム」のコンセプトである「お茶をお客様の身近な製品へ活用する」という想いのもと、茶殻に含まれるカテキンなどの有効成分を活かした高付加価値製品を生み出す「アップサイクル」に取り組んでいる。


また、人工芝充填材のような表面温度上昇抑制効果の他にも、茶殻には抗菌性・消臭性などの機能性があり、これら“未利用資源(茶殻)の持つ可能性”を活かした工業製品の開発に積極的に取り組むことで、環境に配慮した製品を創出しサステナビリティ活動を推進していく。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP