shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年05月18日

Shoespost-online

2022年05月18日

マドラス、「ルパン三世」とのコラボモデルを抽選販売――ルパン、次元、五ェ門、不二子、銭形警部の足元を国産シューズで再現

㊧から峰不二子、次元大介、ルパン三世、石川五ェ門、銭形警部モデル

マドラスは、アニメ化50周年を迎えた「ルパン三世」と、同社の100周年を迎えた製靴技術を駆使した究極のコラボレーション商品を製作し、マドラスオンラインショップで2月18日(金)19時~20日(日)19時に抽選販売する。それに先立って2月4(金)~6日(日)にマドラス銀座店、マドラス八重洲店(東京)で、2月11(金)~13日(土)にはマドラス栄久屋大通店(名古屋)、ワールドシューファクトリーマドラス大丸心斎橋店(大阪)で展示&試着会を行う。


コラボレーション商品は、ルパン三世、次元大介、石川五ェ門、峰不二子、銭形警部の5人がアニメ内で履いている靴のイメージを崩さないように、マドラスの履きやすく、デザイン性や機能性にこだわった靴をオリジナルで開発した。


ルパンモデルは、ポッコリした印象のトゥを再現したストレートチップのブーツスタイル。紐と紐の間を広めに設計したデザインで、ありそうでなかった独特な色合いはイタリアンレザーを使用し、同社が誇る手塗りによるアンティーク仕上げを行っている。


次元モデルは、ルパンモデルと同様のシルエットながら、足首で紐を巻き付けたりベロ部を上に出したりできる2WAY仕様を採用。ルパンモデルと異なり紐の間は狭くし、平行に靴紐を通すスタイルで、同じくイタリアンレザーを濃い目の茶色に仕上げた。



五ェ門モデルは、履きやすさを加味したシンプルな雪駄のデザインを残しながら、同社がこだわる履きやすさを加えた。鼻緒には耐久性の高いコーデュラ・ファブリックを採用。指股にはクッション材と革を巻き、足裏には足当たりの優しい牛革と2層に重ねたクッション材を仕込んでいる。また、アウトソールには、ヴィブラムソールを使用している。


不二子モデルは、同社が得意とするエレガントな靴づくりを活かして、“不二子ちゃん”のイメージに合わせたコケティッシュな美脚ブーツを実現。足回り部分は高級感のあるカウレザーと筒部分にはレザー調PU(合成皮革)を使用し、シャープでフィット感に優れたシルエットを可能にした。


銭形モデルは、ルパンを追って世界中を飛び回り、山でも海でもどこまでも追い続ける銭形をイメージし、雨でも晴れでもタフに履ける「GORE-TEX」仕様のブーツスタイルをデザイン。ルパンと同じポッコリしたシルエットはそのままに、見た目からは感じさせない最強機能の1つにあがる「GORE-TEX」を備えたブーツを特別にあつらえた。


5人のコラボレーション商品は、各33足限定で販売する。靴は3万3333円(税込)、雪駄風サンダルのみ1万5000円(税込)。各モデルの特別シリアルナンバー(ルパン①③㉝、次元①②③㉝、五ェ門①③⑤㉝、不二子①③㉔㉝、銭形①③⑩㉝)のみを3333円(税込)で販売する。他のナンバーはランダムで刻印し、料金はかからない。


製法についてはマッケイを採用し、革靴とサンダルはマドラス本社工場で、不二子モデルのブーツは、東京ファクトリーで製作した。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP