shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月04日

Shoespost-online

2022年12月04日

ドーム、ステフィン・カリー選手の「カリーブランド」の活動の一環として「カリーコート 天王洲アイル」が完成



「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」の日本総代理店であるドームは、3ポイントシュート通算成功数のNBA新記録を樹立したステフィン・カリー選手(ゴールデンステート・ウォリアーズ)のシグネチャーブランドである「カリーブランド」の活動として、9月24日(土)から日本国内初の屋外常設カリーコート(バスケットコート)である「カリーコート 天王洲アイル」(東京都品川区)をオープンした。


「カリーコート」での取り組みとして、コートの無料開放「UNDER ARMOUR CURRY DAY」と無料のバスケットボールクリニック「UNDER ARMOUR CLINIC DAY」の開催を決定した。また、9月30日(金)からは「カリーコート 天王洲アイル」のオープンを記念した限定Tシャツの販売を行うほか、アンダーアーマー ブランドハウス新宿で「カリーブランド」のポップアップスペースを展開する。


「カリーコート 天王洲アイル」は「CHANGE THE GAME FOR GOOD-すべての若者にスポーツを楽しむ機会を―」というカリー選手の想いのもと、誰もが安心安全にバスケットボールを楽しみながら、成長のきっかけをつかめる場所。コートは、HIP HOPを題材にしたアート作品を数多く手掛けるアーティストのRISA氏が描きあげたカリー選手のアートが彩る。壁面には、カリーコートでバスケットボールを楽しむ子どもたちの姿とも重なる幼少期のカリー選手の姿や、カリー選手の代名詞ともいえる3ポイントシュートを狙う姿が描かれている。


「カリーコート 天王洲アイル」=東京都品川区東品川2丁目1-17▽最寄り駅=JRりんかい線・東京モノレール 天王洲アイル駅▽営業時間=9:00〜22:00▽料金=5500〜7700円/1時間(日時、会員/非会員によって異なる)


「カリーコート 天王洲アイル」の運営は、総合スポーツ・文化活動団体「品川カルチャークラブ」とのパートナーシップのもと行われる。「子どもたちが自由にボール遊びができる場所を」という理念に共感し、この度の協業が実現した。


また、9月24日(土)、9月25日(日)に「カリーコート 天王洲アイル」に隣接するスペースで実施されたカリー選手のポップアップ展「#CURRYH1ST0RY」の一部を「アンダーアーマー ブランドハウス新宿」に移設し、9月26日(月)からカリーブランドポップアップスペースとして、カリー選手のヒストリーやシグネチャーシューズのアーカイブコレクション、カリー選手が実際に試合で着用した直筆メッセージ入りのシューズなどを展示している。10月21日(金)までの予定。また、9月30日(金)からは、「アンダーアーマー ブランドハウス新宿」限定のカリーカプセルトイ企画を実施する。


「カリーブランド」は、“世界中の若者たちが平等にスポーツを楽しむ機会を創出する”ことを目的に、2020年にアンダーアーマーとステフィン・カリー選手のパートナーシップにより誕生した。2025年までに、20の安全な遊び場を造り、若いアスリートを導く125のプログラムをサポートし、1万5000人以上のコーチを育成することなどを中心に、世界中で「カリーコート」のほかにもさまざまな活動を展開している。日本においては、2021年にアンダーアーマー契約Bリーグチームおよび契約Bリーガー協力のもと、Bリーグの試合会場に無料で子どもたちを招待する「カリーシート」を設置。年間で約60組の親子を招待し、日本トップ選手たちの試合を間近に観戦する機会を創出した。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP