shoespost

 

 

Shoespost-online

2023年02月04日

Shoespost-online

2023年02月04日

アシックス、レース登録プラットフォームサービスの仏ニューコ社を子会社化――世界で800万人を超えるNo.1レース登録企業に

アシックスは、11月11日開催の取締役会で、欧州を中心にレース登録プラットフォームサービスを提供する「njuko SAS(ニューコ)」(フランス)の発行済株式のすべてを取得し、子会社化すると発表した。取得金額は公開していない。


同社グループは、中期経営計画2023における重点戦略の1つとして「ランニングで No.1」を掲げ、①マーケットシェアの拡大、②マラソンにおけるプレゼンスの向上、③ECシフトによる収益性向上、④データを活用したランニングエコシステムの構築を通じて、すべてのランナーに対してパーソナライズされた最高のランニング体験を提供することを企図している。


njukoは、2012年に設立されたレース登録プラットフォーム企業で、年間登録者数330万人超の欧州最大級のレース登録プラットフォームを提供している。レース登録・決済システムにおいて、大会毎のカスタマイズに優れ、また複数の言語、通貨、支払方法に対応しているため、欧州における数多くの有名大会でプラットフォームとして採用されている。現在、フランス、英国のほか、イタリア、ドイツなどでもサービスを提供している。


今回の子会社化は、欧州におけるランナーとの接点拡大およびランニングエコシステムの更なる強化に資するものと考えており、今後は、OneASICS(アシックスのメンバーシッププログラム)との連携を通じた ECサイト、店舗への誘導や、同社がスポンサーの大会とも連携し、グループ全体としてブランド発信の強化、商品認知の向上へ取り組みを加速させる。


アシックスは、2016年にランニングアプリを提供するRunkeeper(ランキーパー)を取得したことを皮切りに、2019年にはレース登録プラットフォーム市場で北米3位(年間レース登録者数約200万人)のRACE ROSTER(レースロースター)、2021年に同じくレース登録プラットフォームでオーストラリア/ニュージーランドでトップシェア(同70万人)のregister now(レジスターナウ)、2022年8月には日本テレビホールディングスと共同で年間230万人のレース登録者を獲得するR-bies(アールビーズ)を買収し、今回のnjukoの取得で北米、欧州、日本、オセアニア地域を網羅する世界で登録者800万人を超えるNo.1のレースレジストレーション企業となった。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP