shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年09月25日

Shoespost-online

2021年09月25日

ゴールドウイン、「ザ・ノース・フェイス」で登山者用のマウンテン・タクシー運行――山梨県北杜市との取り組みの一環で

上村英司北杜市長㊧とゴールドウイン森光常務執行役員事業本部長㊨



ゴールドウインが展開する「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」と山梨県北杜市(上村英司市長)は、2020年1月に締結した包括連携協定に基づく事業として、JR小淵沢駅から八ヶ岳と南アルプス甲斐駒ヶ岳などの登山口を結ぶ、登山者用タクシー「MOUNTAIN TAXI(マウンテン・タクシー)」の運行を7月2日(金)から開始する。


両者は、「THE NORTH FACE」の製品・サービスおよび同ブランドが有するアウトドアに関する知見と、北杜市の持つ自然環境を活かした地域活性化への取り組みを推進することを目的に、2020年1月に包括連携協定を締結しており、 子どもたちに北杜市の魅力を知ってもらうこと、登山道の整備などの環境保護、鉄道の駅からアウトドアフィールドまでのアクセスなどの課題解決に向け、ともに取り組みを進めている。


6月26日(土)に北杜市役所で行われた 「マウンテン・タクシー」の除幕式には、上村英司北杜市長、この取り組みの企画・運営を行うファーストアッセント代表取締役で北杜市のふるさと親善大使でもある花谷泰広氏、ゴールドウイン森光常務執行役員事業本部長のなどが登壇し、同事業の内容について説明した。


マウンテン・タクシーは、Webサイトからの完全予約制で、通常は駅から登山口まで1台片道およそ4000円がかかるところが、1台片道1000円(税込)で移動できるようになる。なお、タクシーはハイブリッド車を使用する。


北杜市は約76%が森林で占められ、南アルプス国立公園、八ヶ岳中信高原国定公園などの自然公園をはじめとする雄大な山岳景観、さらに清らかで豊富な水を有する全国有数の美しい観光リゾート地域。また、首都圏からは電車や車で2時間程度とアクセスしやすく、 四季を通じてアウトドアアクティビティを楽しめる魅力的なエリアとなっている。


「THE NORTH FACE」は2011年から自然のなかで楽しみながら学ぶ子ども向けイベント「THE NORTH FACE KIDS NATURE SCHOOL(ザ・ノース・フェイス キッズネイチャースクール)」を北杜市の「みずがき山自然公園」などで開催しており、ゴールドウインおよび「THE NORTH FACE」は、北杜市が有する多様な自然環境を活用する本協定に基づく取り組みを通じ、同市におけるさらなる地域経済の活性化および地域社会の発展に寄与することを目指す。


上村英司北杜市長は「以前から課題となっていた、登山口までの二次交通の確保に対し、このマウンテン・タクシーがその力を発揮してくれると期待している。多くの登山者の方々に、このマウンテン・タクシーを利用いただき、本市を玄関口として雄大な山々に足を運んでいただくことで、コロナ禍により影響を受けた観光産業、地域経済の活性化や山岳文化の振興につながるものと考えている」とコメント。


森光常務執行役員事業本部長は「昨年1月に包括連携協定を結んだが、新型コロナの影響で計画していたさまざまなイベントや取り組みが実施できなかった。この度、ようやく1つ目の施策が実現でき、たいへん嬉しく思う。今回のマウンテン・タクシーの取り組みは、協定の数ある目的のうち、『北杜市の誇る山々の情報発信、登山者の増加』を目的とした取り組みになる。新型コロナはさまざまな分野で人々に制約を強いているが、そのような状況でも人々が自然を楽しみたいといった欲求は一層高まっているように感じる。甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根)や八ヶ岳(編笠)などの登山道へのアクセスがより便利になることによって、 この北杜市に多くの登山者が訪れることを期待している」と述べている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP