shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年10月28日

Shoespost-online

2021年10月28日

ワークマン、暴風雨雪や火に強い製品を“水上 Night 過酷ファッションショー”で披露

防水防寒ジャケットや防寒ブーツ氷雪耐滑ケベックなどを身に着けた過酷(豪雨・豪風)ファッションショーの1シーン



ワークマンは9月30日、今年で3回目となる“過酷ファッションショー”を東京プリンスホテル ガーデンプールで開催した。
今回のテーマは「水&火」。暴風雨雪や火に強い同社の機能性を体感できるように水上で、さらに最も過酷な状況を表現するために夜間に行う「ワークマン 水上“Night”過酷ファッションショー」として実施した。


冒頭、同社営業企画部兼広報部部長の林知幸氏は「作業服・作業用品で圧倒的なシェアをもつ当社は、2018年から日常でも使ってもらえるようにワークマンプラスを立ち上げ、2020年には女性目線の新業態、#ワークマン女子1号店を横浜・桜木町にオープンした。私たちの想定する4000億円の普及価格のアウトドアウェア市場では、いまだに有力な競合は現れない。現在、ワークマンは全国に924店を展開しており、2030年に向けて#ワークマン女子を400店舗にして、全体では1500店舗体制を目指す」と述べた。


さらに「製品は、“声のする方に、進化する。”の社是のもと、特定分野で専門知識をもつアンバサダーの意見を聞いて開発した新製品を年間150アイテム発表していく。これは当社新製品の約1/3にあたる。来年2月からは、ネットでのみ注文、店舗でのみ受け取り、という完全予約制のネット販売システムを本格的にスタートさせる」と語った。


同ホテル内で同時開催された2021年秋冬新製品発表会では、過酷気象に強い防風、防寒、撥水、防水ウェアや防水防寒シューズなどが披露された。好調が続くキャンプ用品市場に対し、同社のキャンプ用品の商品構成は10倍となり、売上げも前年対比11倍増加しているという。


さらなるアウトドア市場のシェア拡大を目指し、キャンプ等での火の粉に強い防融加工のダウン(税込4900円)と防炎シューズ(税込1900円)を開発。女性向け冷え性対策の電熱ヒーター付き製品(税込3900円)なども開発している。また、女性が着てもかっこいいスタイリッシュな作業服「PRO CORE」(初年度120万着生産)をスタートさせる。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP