shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年10月07日

Shoespost-online

2022年10月07日

「第60回モーダイタリア展&第70回シューズ・フロム・イタリー展 2023春夏コレクション」が7月5(火)~7日(木)に開催



イタリア大使館貿易促進部は、7月5日(火)から7日(木)の3日間、東京のベルサール渋谷ガーデンで、「第60回モーダイタリア展&第70回シューズ・フロム・イタリー展 2023春夏コレクション」を開催する。


世界の主要国際見本市に先駆けて開催される両展示会には、約150社が出展し、最新のイタリアンコレクションを、いち早く紹介する。なお、出展社情報はこちらで見ることができる。


外国人の新規入国制限の見直しにより、イタリア人出展者が参加するブースも数社あると予想されるが、基本的には今回もイタリア人出展者は来日せず、日本人の代理店・インポーターをもたない企業は、各社のブースにサンプルのみを展示し、イタリア大使館貿易促進部が手配するプロモーターがコレクションの説明を行う。また、会場ではコレクションを閲覧できるだけでなく、会場とイタリア現地のイタリア企業とをオンラインで結んで商談(通訳付き)することも可能となっている。


会場では、①フォトシューティング、②エスプレッソ・コーナー“イタリアの朝食を楽しもう”、③スペシャル・インスタレーションの企画を予定している。


フォトシューティングは、日本のトップスタイリストが、出展社のアイテムをセレクトし、日本のマーケットに向けたコーディネートを提案。会場内の特別エリアでカメラマンによる撮影を行う。昨年からは、コロナウイルス感染予防の観点からマネキンを使用していたが、今回はモデルがアイテムを着用し、イタリアファッションの魅力を最大限に表現する。イタリアファッションの最新トレンドとコーディネートを来場バイヤーやプレスへ発信し、展示会の魅力をアピールする。


撮影した写真は、随時展示会特設ホームページとイタリア大使館貿易促進部の公式インスタグラム(https://www.instagram.com/ita_tokyo/)にアップされる。


また、会場のABホール内には、エスプレッソコーヒーと一口サイズのイタリア小菓子を提供するコーナーを設け、商談や取材のブレイクタイムを提案する。オープン時間は10:00~16:00。さらに、昨年から好評のサステナブルを象徴するグリーンを基調にしたスペシャル・インスタレーションを会場内に施す。これにより、生命の息吹を感じさせるスペシャルな空間を演出する。


今回もオンラインでの「来場事前登録」は行わず、受付の手続きを簡略化するため、受付カウンターに名刺2枚を持参すれば、入場できるようにしている。


※なお、「第60回モーダイタリア展&第70回シューズ・フロム・イタリー展 2023春夏コレクション」は展示商談会のため、デザイン情報を目的とした来場は固くお断りします。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP