shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年10月28日

Shoespost-online

2021年10月28日

「ずかん 世界のくつ・はきもの」が発刊される――鈴木絵美留さんが監修

「ずかん 世界のくつ・はきもの」(技術評論社)定価税込2948円(本体2680円+税)



技術評論社の子ども向け書籍、ずかんシリーズから「ずかん 世界のくつ・はきもの」が9月14日に発刊された。監修したのは、ICOM COSTUME COMMITTEE MEMBETRで学芸員、バチェラーシューフィッター、幼児・子ども専門シューフィッター、シニア専門シューフィッターの資格をもち、国内外で世界の靴・はきものの調査・研究をしている鈴木絵美留さん。


「ずかん 世界のくつ・はきもの」は、第1章「くつ・はきもの海外編」、第2章「くつ・はきもの日本編」、第3章「いろいろなくつ・はきもの」の3章構成で、さまざまな靴を紹介。


第1章ではアフリカからヨーロッパ、アジア、南北アメリカまで、42カ国のくつ・はきものが写真を交えて紹介されている。第2章では、わらじ、ぞうり、げたから雪国のはきもの、仕事のはきものなどを、第3章では、すべるはきもの、芸能のはきもの、忍者のはきもの、スポーツのはきもの等を紹介している。


また、型紙をダウンロードしてスリッパやモカシンなどをつくれる「作ってみよう」コーナーやミニコラムなども用意している。


鈴木さんは2020年秋に開催された福山市松永はきもの資料館開館5周年を記念した特別展「西洋靴150年展」のディレクションも担当した。


■「ずかん 世界のくつ・はきもの」(技術評論社)=オールカラーA4判、127ページ、定価税込2948円(本体2680円+税)


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP