shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年05月16日

Shoespost-online

2022年05月16日

「テンシャル インソール」からクッション性と推進力を兼ね備え、ランナーの怪我防止をサポートするランニング専用インソール誕生



TENTIAL(東京都渋谷区、中西裕太郎代表取締役CEO)は、「TENTIAL INSOLE(テンシャル インソール)」のランニング用インソール「TENTIAL RUNNING INSOLE(テンシャル ランニング インソール)」を開発、TENTIAL公式オンラインストアで販売している。


この製品は、同社の主力製品であるテンシャルインソールをランニング専用に改良したもので、踵部分を支える2㎜幅のブースターで推進力と靴内での安定感が向上する仕組みになっている。また、トップシートに衝撃吸収性のあるEVA、衝撃の強い母趾球部分にパッドを入れることでクッション性を担保し、本格的なランニングにも使用できる仕様とした。


価格は6589円(税込)。サイズは、22.0〜23.0㎝(XS)、23.5〜24.5㎝(S)、25.0〜26.0㎝(M)、26.5〜27.5㎝(L)、28.0〜29.0㎝(XL)の5サイズ展開。


テンシャルインソールは、足の中で核となる骨「立方骨」を押し上げ、指先を正しく使えるようにする特許技術のアーチサポートを採用したインソール。特許技術により姿勢と体幹を安定させることで、身体全体への負担を軽減する。現在は革靴用、子ども用、ゴルフ用と様々な用途に合わせた製品を展開している。


同社は、今後も足に関するさまざまな悩みにアプローチできるインソール製品を展開していく予定。また、ほかの製品についても、日常のさまざまな悩みに対して科学的根拠を用いた製品開発を通じて解決し、ウェルネス分野のさらなる進歩に貢献していく。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP