shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年09月27日

Shoespost-online

2022年09月27日

「ナイキ」から子どもが自分で簡単に脱ぎ履きできる子ども靴「ナイキ ダイナモ ゴー」が登場



「ナイキ」は、遊びを子どもたちの生活の一部にするというブランドの目標のもと、スポーツのしやすさを高めたフライイーズ技術を活用し、子どもが思いついた時に素早く簡単に身体を動かせるようサポートしたアイテムを展開している。


今回、何百人ものナイキ キッズ シューズのテスター、保護者からの声で一番多かった「簡単に素早くシューズを履けるようになる」という要望を取り入れ、「ナイキ ダイナモ ゴー」を開発。


キッズフットウェアプロダクト担当グローバルVPのケヴィン・ドッドソン氏は「子どもと過ごしたことがある人なら、子どもが自分で簡単に素早くシューズを履けるようになることで自信や自立心を感じ、より活動的に過ごすきっかけになることを知っている。自立心に加えて、子どもたちや保護者は、軽くフィット感が良く、しっかりとしたグリップ性があり、どのような動きにも対応できるシューズを求めているという。子ども達の場合、『この運動にはシューズを変えよう』ということはなく、ありとあらゆる遊びや運動を行う。そのため、広範な用途に対応できる製品が求められる」と語る。


ナイキ ダイナモ ゴーは、踵部分にフライイーズ テクノロジーを用いて、手を触れずに踵の部分を踏んで簡単に足を入れられるようにした子ども靴。


すばやく簡単に着脱可能な折りたたみ式のヒールを採用。子どもが簡単かつ自分で足入れしやすいように設計されている。ヒールを押すだけのシンプルな動作で、簡単に履き方を教えることができる。


アッパーは、柔らかく柔軟性に優れたテキスタイルを使用。波状のラインは、様々な方向に動く足の安定性とフィット感を高めるために戦略的にデザインした。


アウトソールは、柔らかくグリップ性もあり、つま先のグリップを巻き上げることで強度を高めている。


ベビーサイズは6380円(税込)、キッズサイズは7150円(税込)。NIKE.COMとNIKEアプリ及び一部のNIKE販売店にて発売中。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP