shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月07日

Shoespost-online

2022年12月07日

「オールバーズ」から足にも地球にも優しいキッズシューズ2型を発売

㊧スモールバーズ ウール ランナー、㊨スモールバーズ ウール ラウンジャー

「Allbirds(オールバーズ)」は、メリノウールコレクションのなかから、ブランドの顔である「Wool Runners(ウール ランナー)」と、スリッポンで脱ぎ履きしやすい「Wool Loungers(ウール ラウンジャー)」の2種のキッズサイズを発売した。


ニュージーランドの自然が育んだメリノウールは、オールバーズを代表する素材の1つ。このメリノウールを用いたウールコレクションから、2020年にベビーサイズの「スモールバーズ ウール ランナー」が登場。


素肌にやさしく、ニオイもつきにくいニュージーランド産ZQ認証メリノウールをアッパーに配し、ミッドソールには高反発のスイートフォームを採用、クッション性・吸湿性に優れるヒマシ油を使ったインソールに用いるなど、スモールバーズ ウール ランナーが大人のシューズとほぼ同等の機能性を持っていたことや、靴が汚れても洗濯機で丸洗いでき、清潔に保てるため、好評を博した。


今回は、スモールバーズ ウール ランナーのサイズを11.0〜22.0㎝へ拡大し発売。価格は11.0~16.0㎝が8000円(税込)、17.0〜22.0㎝が9500円(税込)。


さらに、スモールバーズ ウール ランナーと同じスペックで、小さな子どもでもスポッと簡単に着脱できるスリッポンタイプの「Smallbirds Wool Loungers(スモールバーズ ウール ラウンジャー)」も登場した。価格は11.0~16.0㎝が7500円(税込)、17.0〜22.0㎝が9000円(税込)。


ともに大人向けデザインのキッズ展開のため、同じ足元にそろえ、リンクコーデができるのも魅力のひとつ。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP