shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年08月18日

Shoespost-online

2022年08月18日

学研ステイフル、コンバースのリアルなシューズ型「クリアペンポーチ」&親子で使える「くつおきシール」を発売



学研ホールディングスのグループ会社、学研ステイフル(東京・品川、福本高宏社長)は、人気ブランド「CONVERSE(コンバース)」のステーショナリーシリーズの新アイテムを7月14日に発売した。


今回発売した商品は、コンバースの人気シューズ「キャンバス オールスター」をリアルに再現したペンポーチ。以前、シューズ型ペンポーチを発売し人気を博したが、今回はトレンドとなっているクリア素材を使用した「コンバース オールスター ハイ クリアペンポーチ」が新たに登場した。


カラーバリエーションは、ブラック、レッド、ブルーの全3色を用意。シューズで人気の定番色を中心にラインアップした。まるで、本物の「オールスター」シューズのような細部へのこだわりになっている。オールスターを再現するために、アンクルパッチやヒールラベルはもちろん、インソールにもロゴを入れたほか、つま先のトウガードやアウトソールにもシューズと同じように型押しの加工を施し、シューレースも本物に近い編み方を取り入れている。価格は2750円(税込)。


さらに、玄関で脱いだ靴をきちんと揃えたくなる「くつおきシール」のコンバースバージョンも同時発売した。


同社は、子どものやる気をサポートする文具の1つとして「くつおきシール」を発売している。玄関の床にシューズ型のシールを貼ることで、靴を揃える習慣が身につくというアイテムで、今回はコンバースステーショナリーシリーズから初めて提案した。ラインアップは、こども向け(約17㎝~)とおとな向け(約23㎝~)の2タイプ。ともに価格は1045円(税込)。


販売先は、全国の文具・雑貨店、学研ステイフル公式オンラインショップなど。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP