shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年09月25日

Shoespost-online

2021年09月25日

「パトリック」の新しい顔として企画したカリフォルニーを5月に発売

カリフォルニー 1万4000円+税/サイズは35~45(22.5~28.0㎝)

カメイ・プロアクトが製造・販売するスニーカーブランド「パトリック」は、ニューモデル「カリフォルニー」を5月初旬から発売する。


「カリフォルニー」は、パトリックの新しい顔として企画された20年春夏シーズンの注力モデル。モデル名はフランス語で“カリフォルニア”という意味を持ち、クラシックでレトロな雰囲気を残しながら、新鮮な表情を持っている。


デザインは80 年代にフランスで製造していたランニングシューズをモチーフに、ナイロンとステアベロアのコンビネーションアッパーを採用。袋縫い製法を採用することで、足を包み込むような履き心地を実現している。


アウターソールは当時、ヴィブラム社のソールを採用していたが、今回は耐摩耗性に優れた合成ゴムのオリジナルソールを搭載している。


カラーはネイビー、キャメル、ホワイト、カーキの4色展開で、価格は1万4000円+税。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP