shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年07月26日

Shoespost-online

2021年07月26日

ユニワールド、「PUMA SAFETY」に初の軽量モデルが登場

ジャパンアスレチック ライダー2.0ミッド



安全・作業用品メーカーのユニワールド(本社:和歌山県有田市)は、日本総代理店を務める「PUMA SAFETY」の最新シリーズとなる「JAPAN ATHLETIC(ジャパンアスレチック)」を、7月下旬から作業用品店、ホームセンター、ネットショップなどで販売する。


ジャパンアスレチックシリーズは、PUMA SAFETY初の軽量モデルで、日本市場に合わせて開発したジャパンオリジナルモデル。


デザインは、スポーティなローカットとミドルカットがあり、アッパーには足に馴染む人工皮革と通気性の良い合成繊維を採用している。カラーはレッドからブラック、イエローと、形状と素材、色を組み合わせた全10機種を用意した。すべて面ファスナーを採用し、フィット感の調整や脱ぎ履きもしやすい。


日本保安用品協会(JSAA)が制定するJSAA規格A種認定のプロスニーカーとなっており、グラスファイバーで強化した合成樹脂製の先芯でつま先を保護。踵部分には衝撃吸収性能を備えており、疲労感を軽減し、作業も快適に行える。アウトソールは、最高300℃(60秒)の耐熱性能と油による劣化を防ぐ耐油性能を備えている。


商品構成は、ジャパンアスレチック ライダー2.0ロー(税込8800円、3色、26.5㎝の片足で425g)、ジャパンアスレチック ライダー2.0ミッド(税込9900円、4色、同450g)、ジャパンアスレチック スプリント2.0ロー(税込8800円、3色、同410g)で、サイズはすべて25.0~27.0、28.0㎝。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP