shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年05月18日

Shoespost-online

2022年05月18日

「ブルックス」から初のカーボンニュートラルシューズ、ゴースト14が登場



アキレスは、米国ランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」から初のカーボンニュートラルシューズ「Ghost14(ゴースト14)」を発売している。


「ブルックス」は、世界的に大きな課題となっている気候変動について、緊急かつ普遍的な行動が必要であると考え、パリ協定に基づく「2050年までにカーボンニュートラル(二酸化炭素排出量実質ゼロ)」に対し、2040年までに二酸化炭素排出量実質ゼロの達成を目指している。


この目標を達成するために、製品の材料をリサイクル品に代替し、二酸化炭素排出量に影響の少ない染色プロセスを採用。また、再生可能エネルギーを使用する工場から材料と製品を調達、さらに削減が困難な部分の排出量については、カーボンオフセットを購入することで補うなど、カーボンニュートラルに向けた活動を積極的に行っていく。


さらに、この取り組みの過程で開発されたブランド史上初となるカーボンニュートラルシューズ「Ghost14」を発表し、日本国内ではBROOKS公式サイトおよびスポーツ用品店で順次発売している。


「Ghost14」のアッパーは、3DFitプリントで伸縮性と構造のバランスが良く、足にぴったりフィット。ミッドソールを100%DNA LOFTクッションにアップデートして、よりスムーズな走り心地にしている。また、新しくなった100%DNA LOFTのミッドソールとセグメントされたクラッシュパッドのアウトソールが連動し、接地から蹴り出しまでの移行をスムーズに導く。


また、リサイクルポリエステルを、アッパー素材を最低30%、インソールのトップライナーとシュータンの裏地、つま先ボックスの補強などに100%使用している。メンズ(25.0~30.0㎝)は全6色、ウィメンズ(22.0~26.0㎝)は全7色展開で、価格は1万4300円(税込)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP