shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年05月09日

Shoespost-online

2021年05月09日

連載【いちがいもんの独り言㉓】健康のために履く靴には軽減税率を!

消費税増税から1カ月半。みなさま、売上げは如何でしょうか?


わざわざ、稼ぎどきの10月に増税するとは(^_^;)。行楽シーズンで物販需要が上がる時期なのに、冷水を浴びせられました。「増税するんじゃったら、昔で言うニッパチ(2月、8月)にせいや~(怒)」と、言いたいです。まあ、8月はお中元などで百貨店は嫌がると思いますが…。


何かと複雑で、線引きが納得できない軽減税率。飲食・食料品は本当に大変ですね。外食は一律増税…。1人暮らしで仕方なく、安い外食でしのいでいる人もいるでしょうにねぇ。「軽減税率のためにレジを換えるんじゃけえ、補助金が出るじゃなくて、全額出すべきじゃろう!」と、レジを換える友達は怒っています。ごもっともです。


ところで、靴や靴用品はもれなく増税のようですが、内食・外食で税率を変えるなら、靴もすべて一律10%にするのはおかしいとは思いませんか?


ファッションで履く靴と、身体のため・健康のために必要で履く靴の税率は変えるのが、軽減税率の趣旨に合うのではないですかね?


線引きが気になるところですが、例えば、①紐靴でハトメ穴が片足10個以上、②踵が硬くてヒールが3㎝までの靴、さらに「健康のために、ウォーキングシューズを履いて歩く習慣をつけましょう」とタグで啓蒙して、ウォーキングングシューズと表示すると8%、それ以外は10%とか…。


あっ、TQより簡単じゃないですか!(内心は税計算が大変なので嫌なのですが)莫大な医療費の削減に繋がる靴などは軽減税率を検討すべきではないかと思います。


それから、こんな時に今回の公務員の給料アップは、なしでしょう。さらに、増税策を進める政府や官僚は増税分2%を減給か人員削減して、安易な増税策に痛みを伴って欲しい。そうすれば、増税以外の政策も出るのでは?


【松下 誠氏のプロフィール】

シューズコンフォートアドバイザー。広島県福山市でコンフォートシューズの販売を通して足と靴に関するアドバイスを行っている「シューズラボキュー」を経営。なお、“いちがいもん”とは広島の方言で「頑固者」を指す。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP